野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017年 戸隠森林植物園
 5月19日、戸隠森林植物園へ出かけた。
 例年より1か月程早い時期の訪問で、ちょうどミズバショウが満開であった。

 早朝6時、5月とはいえ肌寒い。薄手のダウンを羽織る。

 ミスバショウの縁どるみどりヶ池にオシドリ。
 オシドリ9J8A1772 オシドリ9J8A1750

 大きな声で囀るノジコ。
 ノジコ9J8A1845 ノジコ9J8A1846

 ミズバショウ、リュウキンカを愛でるコルリ。
 コルリ9J8A1890 コルリ9J8A1911

 毎年、姿を見せてくれるキバシリ、オオアカゲラ、ミソサザイ。
 キバシリ9J8A1779 オオアカゲラ9J8A2142 

 ミソサザイ9J8A1859

 当日は最低気温は10度、最高気温は28度。
 園内から臨む山々には雪も残っている。
 遅い春が訪れた園内はミズバショウをはじめ多くの花が咲き、鳥だけでなく植物にも目を奪わる1日であった。

スポンサーサイト

クロツラヘラサギ
クロツラヘラサギを見てきた。
午前中はほとんどお休みの様子、午後からゴソゴソと動き出した。

クロツラヘラサギ9J8A1229 クロツラヘラサギ9J8A1440
(撮影日:2017/5/2 三重県津市)

2017年 北陸
 4月24日、25日、まだ桜の花が残る北陸へ。
 例年はGWを利用して出かけるが、今年は1週間ほど早めの訪問となった。

 ①先ず迎えてくれたのはアトリ。
 アトリ9J8A9812 9J8A991アトリ8

 ②今回は随分とオオルリが多い。
オオルリ9J8A0099 オオルリ9J8A0229

オオルリ9J8A0093 オオルリ9J8A0346

 ③夕暮れ時にはコマドリも姿を見せてくれた。
 コマドリ9J8A0499 コマドリ9J8A0474

 ④他にもサンショウクイ、クロツグミ、ムシクイ、キビタキなど例年通りの鳥たちに会うことができた。
サンショウクイ9J8A9733 クロツグミ9J8A0237

ムシクイ9J8A0269 キビタキ9J8A0306

(撮影日:2017/4/24 - 25 石川県金沢市、富山県入善町)

 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


クロハラアジサシ
クロハラアジサシ_愛知県 クロハラアジサシ。
 この写真を撮影したのは5月。陽射しは強いけれど随分と爽やかだった。
 梅雨明け後、特にここ数日の酷暑にあって、季節の動きが恨めしい。

 アジサシ類は観察していても飽きない。
 ホバリングからの急降下での飛び込みや水面すれすれを飛びながら水を飲む仕草など、この日も空中を自在に飛ぶ姿を堪能した。

 (撮影日:2015/5/17 愛知県 Canon 7D2 EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


チョウゲンボウ
チョウゲンボウ_名古屋市 オフィスの入るビルに毎年ツバメが巣をかける。
 5月のことになるが巣の真下、自動車の出入りする通路の上に卵の殻が落ちていた。ウズラの卵より一回り程小さいく、白地に褐色の粗い玉模様。きっとヒナの成長につれ邪魔になって外へ落としたのだろう。

 チョウゲンボウを見に出掛けた。こちらも子育ての最中のようである。
 どちらも無事、巣立ちがむかえられる事を願う。

 (撮影日:2015/5/17 名古屋市 Canon 7D2 EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。