野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タゲリ
タゲリ Canon EF500 f4


 鳥に興味を覚え始めた頃、図鑑の中でこの鳥は異彩を放っており、是非見てみたい鳥の一つでした。特徴的な冠羽はカールの具合が面白いですし金属光沢のある緑、紫に輝く羽も美しく「田圃の貴婦人」と呼ばれるのも解らなくはないですが、僕にはどうしても婦人には見えないのです。

 タゲリという名前の由来にもなっている「タ(田)を蹴る」行動の姿ですが、このユーモラスな歩き方は喜劇映画のチャップリンを思い出してしまいますし、目の下の黒い模様は髭をイメージします。そしてポマードで整えたような髪形。僕にはどちらかというと「田圃の英国紳士」に見えるのですが・・・・。

【2007/12/09 愛知県 鍋田 Canon 30D EF500mm F4L 】

 
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ハジロカイツブリ
ハジロカイツブリ Canon EF500 f4


 冬羽です。夏羽のこの鳥を実際に見たことがないのですが、図鑑によると目の後ろのあたりに金色の飾り羽を蓄え一層凛々しい顔つきに見えます。

 河口付近で気持ちよさそうなハジロカイツブリ。恋人にふられて夜通し泣き明かしたのか、ただの睡眠不足なのか理由はともかく、その真っ赤な目が魅力的です。波に任せて上がったり、波間で見えなくなったりと、堤防から見ているのに船酔いしそうです。船上からの海鳥観察なんて考えるだけでムリです。

 長い人生、やはり波があります。小さな社会で生きている僕なんかのまわりにも波は立ちます。いつも波の天辺ばかりという訳にはいきません。時には波間に沈む時期もあるでしょう。どんな時期でもジタバタせずに余裕を持って浮かんでいたいものです・・・波はいつも変化をするものですから。

【2007/12/09 三重県 鈴鹿川 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。