野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


それぞれの役割 ・・・ アオバズク
アオバズク 住友生命が今年6月に行った、「あなたが金メダルを贈りたい人は誰ですか?」とのアンケートの結果に眼がとまった。20代から50代までの男女2000人づつ、計4000人に対して行われたようだ。

 1位は「親」で42%、続いて「配偶者」「子供」と並ぶ。9位の「祖父母」、10位「兄弟・姉妹」まで入れると、家族に金メダルを贈りたい人がなんと73%近くにもなる・・・昨今、家族関係を疑いたくなるような事件が多発する中、この結果はうれしい驚きだ。

 「親」の内訳は「母親」79%、「父親」21%と圧倒的な大差・・・予想通りとは言えここまで差が開くとは・・・。父親の一人として結果に一喜一憂するわけではないが父親、母親にはそれぞれの役割がある。父親とは得な役回りではない。「バードウォッチング」と「家族とのコミュニケーション」、もう少し家族と過ごす時間を増やそう・・・バランスが肝心だ。

 アオバズクの親子。左の成鳥はたぶん母親であろう。写真にはないがこの親子と同じ樹、右前方やや上の枝にもう一羽、成鳥が休んでいる。こちらが父親であろう。少し離れて家族を見守っているようだ。損な父親の役割を果たしている。

【2008/07/21 三重県員弁郡 Canon 30D EF500mm F4L 】
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


神の使者 ・・・ アオバズク
アオバズク_三重県員弁郡 鳥居をくぐると神の住む神域に入る。夕方が近いとはいえ、未だ夏の陽射しが強いこの時間、境内には人の姿はない。掃き清められた砂利を踏む音とセミの声だけが広がる。

 幼い頃、近くの神社に妹とセミ取りによく出かけた事を思い出した。先端にとりもちを塗った身体の何倍もあるような長い竿で捕った。セミは羽にとりもちがベッタリとついて放しても飛べないものもいた。今思うと気の毒なことをした。

 アオバズクの休んでいる樹の下を孫らしき3人の幼子を連れたおじいさんが通る。孫たちはとりもちのついた竿ではなく、白い虫網をそれぞれ手に持ち、首からは虫かごを提げ歓声をあげながら楽しげに歩いてゆく。高い枝からそれを見下ろす「神の使者」の眼は鋭さのなかに優しさが潜む。

 23日に完結編が発売されたハリーポッター。その中に「ヘドウィグ」という白いフクロウが登場し活躍する。人類は古より音も立てずに闇を自由に飛ぶ鳥たちに畏敬の念をはらってきた。こうして境内でアオバズクの大きな黄色い眼を目の当たりにするとその心情がよく解る。

 アオバズクがお賽銭で喜ぶとも思えないが帰りにお賽銭を奮発した。
 
【2008/07/21 三重県員弁郡 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


うるうる ・・・ アオサギ
アオサギ_名古屋市緑区 若い二人の結婚式に出席させて頂いた。幸せそうな笑顔が溢れる会場で時を過ごし、幸せを分けてもらったような気分になる。

 年頃の子供を持つ身としては、壇上から一番遠いテーブルのご両親の心中に気が行ってしまう。華燭の典も大詰、新婦の両親に宛てた手紙の朗読の声が涙に詰まる。なぜかわが娘とだぶってしまった・・・まだ当分先のはずだとは思いながら・・・不覚にもうるうるとしてしまった。涙腺が緩むのは年のせいだけではあるまい。

 日本で「縁起の良い」「おめでたい」鳥といえばその筆頭はであろう。千年の時を生きると言われ、番った相手が死んでも他のと一緒にならないという。の写真がないのが残念である。

 世の中「偽装」ばやり。アオサギと言い張るわけではない。縁起の良いに似た(?)この鳥とともに、お二人の幸せと、お二人を立派に育て上げたご両親の健康を心より祈る。

【2008/07/20 名古屋市緑区 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


教員の生態 ・・・ ヨシゴイ
ヨシゴイ 「3年B組金八先生」で武田鉄也が盆暮れに付け届けをしてるシーンや、「ごくせん」で仲間由紀恵が商品券を差し出しながら「次の人事で学年主任に推薦していただけませんでしょうか」と校長先生にお願いするシーンはある意味面白そうではあるがあまり見たくない。

 連日、大分県の教員採用試験をめぐる汚職事件で大賑わいである。いわゆる「口利き」が教員採用に限らず公務員の世界で日常的に行われていることは、皆が薄々は気づいていることであり、今さら特別に目くじらを立てる事でもない。しかし採用から昇進人事まで不正の方法や謝礼金の金額まで赤裸々になってくるといささか興醒めである。

 教員も人間である、出世もしたいし金も欲しいだろう(と思う)。世間の過度な人間性に対する期待も含め教員というのも案外、大変な職業であると改めて思う。「教員」は身近な存在ではあるがその生態は謎が多い。

 しかしその一方でお金を出してでも教員になりたい、子供を自分と同じ教職に就かせたいと考える人がいるということは、世間にはあまり知られていないメリットが・・・・考えすぎであろうか?
ヨシゴイ
 就職先の少ない地方都市での事情も解るが、教え子に説明の出来ないような悪事は公にならないようにこっそりと・・・いや、謹んでもらいたいものである。

 毎年、ヨシゴイが子育てに訪れるこの池は、散歩道を隔ててすぐ北側に小学校がある。職員室からこの池のヨシゴイの姿は見えるのだろうか。

【2008/07/20 名古屋市緑区 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


天然モノ ・・・ メボソムシクイ
メボソムシクイ

 ワイシャツの下を汗が胸からお腹へつたい落ちるのがわかる。この暑い時期、通勤電車はいつもに増して不快だ。無駄な努力と知りながらも、汗をかかないように駅までの道を出来るだけゆっくりと日陰を選んで歩く。風の通り道のない駅は蒸し風呂のようで汗が噴き出す。

  このメボソムシクイの囀っている場所は標高が1800m、都会のような蒸し暑さとは無縁だ。陽射しは強いが、風は心地のよい冷気を含んで私の身体を撫でる。人工的に作られたエアコンの風とはひと味もふた味も違う。やはり「天然モノ」は心地いい。でもでも天然モノに勝る養殖モノはないのだ。

 大好きだった夏が嫌いになったのはいつの頃からだろう?
 学生時代は長い夏休みがセットだったからだろうか?年齢とともに体力が衰えて夏に向かなくなったのだろうか?

 重大な使命をもってこの地まで命がけで渡って来るのだろうが、この快適な場所で夏を過ごすことの出来るメボソムシクイがとても羨ましい。

【2008/07/11 岐阜県 小坂町 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


マイナスイオン ・・・ オオルリ
オオルリ♀ オオルリ♀

 ずいぶんと山道を上がってきたはずなのに車を降りると、この季節特有の湿った熱気が身体に纏わりつく。当日の「マイナスイオン」の数値が書かれている看板を見ながらへの入り口へとむかう。

 「マイナスイオン」と言えば、過去にもてはやされた時期もあったがはっきりとした定義もなく、健康増進に関する科学的な裏づけもないと言う事で効能を謳った業者が摘発されるなどして下火になったようだ。

 川沿いの遊歩道は背の高い木々に覆われ、歩みを進めるにつれてどんどんと気温が下がっていくのが解る。マイナスイオンの存在は別にしても、川の上を流れる空気はとびきりに心地良く、特別な「何か」を含んでいるような気がしてくる。この「何か」を商売に使いたくなる業者の気持ちも理解できなくはない。

 大量の水が落下する豪快な音が徐々に近づいてくると、やがて目前に落差20mを超える3段のが姿を現す。遊歩道の緑色に塗られた金属性の手摺に、鮮やかな青色の羽を持ったオオルリがじっとしている。

 壺から少し離れた、遊歩道とは川をはさんだ反対側の斜面で一組のオオルリが子育てをしている。餌が豊富なようでオスもメスも次から次へといろいろな虫をくわえてきては巣へと運び込む。さすがに遊歩道からは雛の数は確認できないが、いったい雛は何羽いるのだろう。

 我が家には子供が二人。巣立ちには最低でもまだ4年は必要だ。今が一番お金のかかる時期、このオオルリを見習って、子供達の巣立ちまでは都会のうだるような暑さの中で餌を運ぶ日々が続く。

【2008/07/11 岐阜県 小坂町 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


美しいバラには棘がある ・・・ オオルリ
オオルリ♂ オオルリ♂


 私は思い付いたように気分で愛犬を散歩に連れ出す。その日も夜9時を過ぎた時間に連れ出した。ちょうど神社の横を通り過ぎようとした時、私の少し前を歩くチワワが今までに聞いたこともないような声で短くひと鳴きし、小さく飛び上がったかと思うと座り込んで歩けなくなった。

 「イラガ」の幼虫を踏んだようだ。
持っていた懐中電灯で調べてみると、路上には一緒に落ちたであろう穴の開いた茶色いサクラの葉が一枚と青々とした元気なイラガの幼虫が3匹もいる。

 昆虫にとっての天敵は我が家の愛犬ではなく鳥であろう。毒のあるを装備したり、羽に目玉模様をつけたり、枝などに擬態したりと生き残るために必死だ。

 オオルリも毛虫やガ、ハチなどをくわえているのをよく見かけるが、オオルリに限らず昆虫食の鳥たちはどのように解決しているのだろう。刺されたり、かぶれたり、吐き戻したりしながら経験を通して食べられる虫とそうでない虫を学習していくのだろうか。

 私の常識では、きのこ、毛虫に代表されるようにあまりにきれいな色(毒々しい色)をしたものには近づかない方が安全だ。これは人間も同じ、「美しいバラにはがある」。
 
 ちなみに愛犬の刺された左後足はかなり腫上がって心配をしたが、数時間後には普通に歩いていた。

【2008/07/11 岐阜県 小坂町 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


ゆっくりとした時間 ・・・ カルガモ・ミヤコドリ・アオサギ
ミヤコドリ&カルガモ ミヤコドリ&アオサギ


 カルガモアオサギミヤコドリ、他にもシロチドリ、カワウ、コサギにコアジサシ・・・ このとても広いとは言えない空間に翼を持つ生き物同士、大きな争いも起こさずお互いに無関心を装っているように見える。それぞれが進化の過程で嘴の形を変え、無用な争いを避け生き残るために同じ場所でも違う餌を捕る。領土を主張するわけでもなく、喧嘩をして傷つけ合うわけでもない、ただ餌を捕り、水浴びを楽しみ、羽を休める。賢者の集まる場所では静かにそしてゆっくりと時間が流れる。

 人類も地域や環境により多様性に富んだ独自の文化を創り、発展させてきた。それぞれの文化はそれぞれに違った価値観を持っていたはずだ。世界中が「経済の発展」にのみ価値をおく文化だけになったらつまらないし、皆が同じ「餌」を食べようとすれば争いも起きる。

 「経済の発展は本当に人々を等しく幸せにしたのだろうか?」
 開催中の洞爺湖サミット、こんなことは間違っても議題にはならない。

 今年も気が付けば半分が終わってしまった。後半はゆっくりとした時間の中で過ごしたい。

 【2008/07/05 三重県 鈴鹿川派川 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


ニコン モナーク 10x42D CF ・・・ 双眼鏡
 現在、愛用している双眼鏡は3年程前に購入したニコンの「モナーク 10x42D CF」。
左目当てターンスライド部分が変な角度で固定されてしまって動かなくなりました。それでも強引に回すと目当てゴムのねじ込み式になっていた「取付環」がはずれ、ついには「取付環」が縦に割れてねじが効かなくなってしまいました。

 「対象物を見る」という基本機能には支障がなかったので半年ほどこの状態で使用してましたが、先日とうとう修理に出しました。

 左目当てゴムの取付環を購入し自分で付け替えようと思い、平日の9:00-17:30にしか繋がらないニコンビジョン CSセンターに電話をしました。
 予想通り、「ターンスライド式の目当ては修理対応です」とHPに書いてある通りのお返事です。仕方なく故障箇所を話すと大体の見積もりと納期をその場で回答をしてくれました。
 そして全国でたった一箇所しかない品川のニコンビジョンCSセンターに送りました。(全国のニコンのサービスセンターでも受付はしてくれるようなので急ぎでなく、送料より交通費のほうが安い場合は持ち込んだ方が良さそうです)

 10日程で修理が完了し代引で送られてきました。料金は見積もり通りです。
  部品代 200円
  修理工賃 4500円
  運送料 1000円

 レンズもとてもきれいになっていました。もし簡単なオーバーホール的なこともしてくれているのなら修理工賃が4500円でも高くはないと思うのですが、詳細な記載がないので解りません。

 この双眼鏡、特に大きな不満はないのですが、購入当初より眼幅を合わせる時の左右の筒の結合部がゆる過ぎて、すぐに動いてしまいます。少しぶら下げて歩くともう次に見るときには眼幅調整が必要です。気になって店頭でいろいろ触ってみたのですが他社の双眼鏡はもう少しトルクがあるようです。何か理由があってのことなのでしょうが、もう少し固くするかロック機構をつけて欲しいと思うのは僕だけでしょうか。

 僕にとって双眼鏡バードウォッチングの必需品です。修理したばかりで買い換えるつもりもないですが、コーワの「BD32-8」あたりが気になります。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。