野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家族への感謝 ・・・ カワセミ
カワセミ_名古屋市西区 北京五輪も閉幕し、そのせいか暑さも和らいだ。オリンピックの総括を金メダルの数でという訳でもないが、日本の獲得金メダルは9個、そのうちの7個がアテネからの連覇という。若い選手、新しい力の育成が不十分だとの声もあるようだが・・・。

 金メダリストたちのインタビューで、アテネからの4年間を支えてくれた家族、コーチをはじめ、周囲の人たちへの涙ながらの感謝の言葉が多かったのが印象に残る。強靭な肉体と精神を併せ持つ超人も、一人では乗り越えられないような、壮絶な4年間であったのだろう。

 初めて野鳥を被写体にしたのは、4年前の庄内緑地公園。ボート池の青い橋の欄干に止まったカワセミを撮影した。自宅からは近いのだが、この公園を訪れるのはずいぶん久しぶりになる。変わらずカワセミが迎えてくれる。

 この4年間、写真の腕前は上達しないが野鳥と共に、移り変わる季節を感じながら充実の日々を過ごす事ができた。休日ともなれば、家族サービスも程々にフィールドに出かけてしまう。私の趣味に理解を与えてくれている家族に感謝だ。

【2008/08/17 名古屋市 庄内緑地公園  Canon 30D EF500mm F4L】
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


避暑 ・・・ ヒガラ
ヒガラ_長野県御嶽山 ヒガラ_長野県御嶽山
 気温は1000mで6度程度、下がるらしい。この御嶽山への登山道のある「田の原天然公園」は標高が2100m程度なので平野部よりも12~13度低いことになる。こんなところで1ヶ月程、夏を過ごしてみたい。

 「避暑地」は、日本では緯度の高い北海道や東北を除けば、当然、標高の高いところになる。「避暑」は大航海時代以降、アジアを植民地とし、アジアに駐在していたヨーロッパ人が持ち込んだ習慣のようだ。日本でも著名な避暑地は、欧米人によって始められたものが多いときく。

 バードウォッチングも発祥の地はヨーロッパだと記憶している。暑さを避けて標高の高いところでバードウォッチングをする・・・少々古いが、「欧米か!」って頭を叩かれそうだ。

 避暑地で長期滞在といきたいところだが、残念ながら時間も経済力もとても足りない。

 このヒガラ親子、子供はもうヒナとは呼べない体つきだが、まだ親から餌をもらっている。親が近づくと枝から出てきて黄色い口を大きく開ける。親と比べると喉の黒色もまだ薄い(右写真の左上が親、右中央が子供)。

 このヒガラ、冬は街に近い低山や公園でも見かけることもある。欧米人が「避暑」の習慣を持ち込むずっと以前から、ヒガラは羨ましいことに夏場は避暑地で過ごしていたのだろう。

【2008/08/15 長野県 御嶽山 Canon 30D EF500mm F4L】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


作品 ・・・ ホシガラス
ホシガラス_長野県御嶽山 「作品」とは手元の電子辞書を見てみると「製作した品。特に、文芸・音楽・美術工芸などの芸術的製作物」(スーパー大辞林)とある。こう定義づけられると、残念ながら私の場合は下手の横好きで、未だに作品と呼べる写真はない。

 「私もあなたの数多くの作品の一つです」とは、赤塚不二夫さんの告別式でのタモリさんの弔辞の一部分、まだ記憶に新しい。長く芸能界で確固たる地位にある自信がのぞく。後日、読んでいたと思われた弔辞が実は白紙であったとか。

 御嶽山への登山口のある「田の原天然公園」は今にも降り出しそうな天気で、低い層雲が広がり、景色は真っ白、声を頼りのバードウォッチングであった。ホシガラスもこんな日はさぞかし飛び難かろうと心配してしまう。

 見事に背景の白くとんだ写真。撮影前に結果が解っていても、そこに鳥がいればシャッターを押してしまう。作品にはならないが、遠い日に思い起こす大切な思い出にはなるだろう。

【2008/08/15 長野県 御嶽山 Canon 30D EF500mm F4L】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


水浴び ・・・ イソシギ
イソシギ_三重県桑名市 夏の容赦ない陽射しに蒸発してしまったのか、水門の調節具合なのか、事情は解らないが水をたたえる休耕田がほとんど無くなっている。吹く風も乾き、いっそう暑い。

 しかしこの夏の暑さが米はもちろん、農作物に秋の実りをもたらす。農作物は当然、勝手に実るわけではないので炎天下での人間の作業が必要になる・・・頭の下がる思いだ。農耕民族である我々の祖先は、収穫に結びつく暑い夏を喜んだに違いない。

 現在でも暑い夏は大いなる経済効果をもたらす。ビール、アイスクリーム、夏物衣料、エアコン等々、やはり夏は暑くなくてはいけない。

 休耕田の端に水が少し残っている。水溜りには所々泥の混ざった泡があり、まるで暑さで煮えたぎっているようにも見える。ケリが水溜りの部分を避けるように直射日光の中でじっとしているのを見ているとますます熱湯のように見えてくる。熱湯とまではいかなくてもかなり温まっているに違いない。

 イソシギがその中で「水浴び」をはじめた。「水浴び」というより「お湯浴び」、露天風呂に入っているように見える。

【2008/08/13 三重県桑名市 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


なでしこジャパン ・・・ セッカ
セッカ_三重県桑名市 8月15日は日本では「終戦記念日」、オリンピック開催中の中国では「抗日戦争勝利の日」となる。偶然だろうが、サッカー女子準々決勝「日本 対 中国」がこの日に行われた。競技とは全く関係のない話だが、なぜが応援にも力が入る。

 試合は終始、日本ペースで危なげなく安心して見ることができた。体格では劣るものの、組織力と圧倒的な運動量は素人目にも差がはっきりとしていた。特にその運動量の豊富さは試合後半になっても足が止まらず、練習量の多さを想像させられる。

 「なでしこジャパン」の活躍に溜飲を下げたのは私だけではないだろう。「撫子(なでしこ)」は今頃が開花の時期。立派な花が咲くように残り試合も応援したい。

 ヒィ・ヒィ・ヒィ・・・・ジャッ・ジャッと鳴きながら飛ぶセッカ。声は聞こえているし空中を飛んでいるのだが見つけにくい。目を凝らしてやっとスズメより小さなこの鳥を、良く実った稲田の上空に見つける。降りてとまったところを確認しようとするが長い時間飛び続け、なかなか降りてこない。やっと降りたと思ったら「降りる」というより稲田のなかへ「ダイビングする」。この繰り返しでなかなか姿を確認できない。

 あの小さな身体で鳴きながら上がったり下がったりを長時間、繰り返す。その運動量には驚くばかりだ。あきらめて移動しようと車を動かしかけた時に稲田の角のビニール紐が巻きつけてある竹にとまった。

【2008/08/13 三重県桑名市 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


御嶽山 ・・・ イワヒバリ
イワヒバリ_御嶽山 最高地点の剣ヶ峰は標高3000mを超える御嶽山。その頂上付近では上にも下にも白い穏やかな雲が見える。熱くなっている身体を冷やしてくれる風が心地よい。

 上空の雲も風に吹かれるように、遥か遠くの駐車場や登ってきたハイマツ帯、岩だらけの道に影を色濃く落としながら移動する。

 古くから山岳信仰の対象となっているということで、修験者らしき白装束の方々も多い。驚いたことに彼らの足元は地下足袋である。ごつごつとした岩の多いこの道を・・・修行である。

 頂上付近では、大小の岩や砂が多く、活火山らしく何やら気体が勢いよく噴き出している場所もある。明らかに日常とはかけ離れたこの霊山の頂上に昔の人は、「天国」「地獄」、どちらを見たのだろう。

 持参したお茶は往路で飲みきってしまった。ペットボトル(500ml)のお茶を買った。1本400円である。標高が上がると気温は下がるが、物の値段は上がる。この経済の原則(?)に少々現実に戻された。味は・・・普通の緑茶だ・・・とても味には400円の価値を見出せなかった。

 眼下、遥か遠くにかすむ駐車場を見ながら、「下り道が思いやられるな」と重い腰をやっと上げて歩き出すと左の斜面にオンタデの白い花とイワヒバリが目に入った。

【2008/08/11 長野県 御嶽山 Canon 30D EF100-400mm

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


スポーツの夏 ・・・ カヤクグリ
カヤクグリ_御嶽山 立秋も過ぎ、暑い日はまだまだ続きそうだが暦の上では秋。オリンピックイヤーの今年は「スポーツの秋」ならぬ「スポーツの夏」。オリンピック、高校野球、プロ野球とTVでは一日中、スポーツ番組が流れている。

 「勝つことではなく、参加することに意義がある」というのが、オリンピックの精神だ。4年に1度の祭典をめざし日々積み重ねられる努力にこそ意義があり、実力者同士の勝負は「時の運」である。解ってはいるが、やはり日本人選手の活躍には胸が躍るし、金メダルを期待してしまう。
 

 200を超える国と地域から15000人余の選手が参加するそうだ。練習を重ねてきた選手達が大舞台で持てる力を出し切って、悔いのない本番が戦えるように願うばかりだ。

 ハイマツの一番高い場所で虫をくわえて得意気なカヤクグリ。少し低い2本の枝とで表彰台を思わせる。

【2008/08/11 長野県 御嶽山 Canon 30D EF100-400mm

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


目ン玉つながりのおまわりさん ・・・ タマシギ
タマシギ_三重県桑名市 私が生まれて初めて手にした漫画本は「おそ松くん全集」だった。何巻だったかは覚えていないが、小学生低学年だった私に父親が会社帰りに買ってきてくれた。

 今思えば、暴力的なシーンや性描写もない、偏執的な悪役も登場しないこのギャグ漫画は子供には最適な一冊だったのではないだろうか。この本を選んでくれた父親の思いが伝わる。

 夏休みになるとTVで午前中に放送をしていた「夏休み子供劇場」という番組で「もーれつア太郎」、「天才バカボン」の再放送もよく見たことを思い出す。クラスの多くの男子たちが、「ニャロメ」や「ケムンパス」の絵をそらで描けたものだった。

 その作品は永遠に輝きを失うことはないが、作者である赤塚不二夫の訃報は一ファンとして残念であるし寂しい。

 今やマンガ、アニメは日本が世界に誇ることの出来る「文化」へと成長し、コンテンツとしての経済的な利用価値が高まった。経済の論理が先行すれば「質」が心配になる。

タマシギ_三重県桑名市 タマシギ・・・眼の周囲の白い模様が「タレ目」を演出していて、何とも愛嬌のある顔つきだ。

 なぜか「天才バカボン」に登場する目ン玉つながりのおまわりさんが思い浮んだ。

【2008/08/03 三重県桑名市 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


祝、山本昌 通算200勝 ・・・ アオアシシギ
アオアシシギ_三重県桑名市 育った環境というのは、侮る勿れ。名古屋に生まれ育った私は特別な理由もなく、気が付けばドラゴンズファン。小学校の頃からドラゴンズの帽子をかぶって登校し、パワプロでも選ぶ球団はドラゴンズだ。今シーズンはどうも分が悪く、スポーツニュースを見ない日も多い。

 昨日の対巨人戦での山本昌の通算200勝は、今シーズン1番の興奮を覚えた。42歳という年齢での偉業達成は、私を含む世のお父さんたちに元気を与えてくれたことは間違いない。

 しかしそれ以上に、ドラフト5位指名、初登板がプロ入り3年目、初勝利が5年目と遅咲きだった山本昌が大輪の花を咲かせた事がすばらしい。ダルビッシュにマー君・・・人気と実力を備え、1年目から活躍するスター選手にスポットライトは当たるが、地道な努力が報われることを若い人たちにも体現して見せた。

 山本昌は毎シーズン、夏に強い。ベテランと呼ばれるようになっても夏に強い。東海地方も酷暑が続くが、暑さを吹き飛ばす快投での200勝目だった。

 田圃でのバードウォッチングは車の中からが多い。この酷暑の中、窓は開けているが熱の吸収のよい黒い車の中は過ごしやすい環境ではない。田圃を通って吹く風は湿気を含み、車内の不快指数が上がる。どうも私は年を重ねるうちに夏と相性が悪くなってきたようだ。

 休耕田では足を水に浸し休んでいるコサギの飾り羽が風に揺れる。一生懸命に餌を獲るアオアシシギも涼しげに見える。暑さに負けているのは私だけ・・・。

【2008/08/03 三重県桑名市 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。