野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


癒し系 ・・・ シラコバト
シラコバト_埼玉県宮代町 今朝の通勤電車は人が少ない。もう年末年始の休暇に入った企業も多いようだ。

 11月の完全失業率は5.2%、厳しい雇用環境が続き、年末に職も寝る場所もない人がいるなか、こうして出勤する場所があるだけでも幸せではないか・・・と、無理やり思い込みながら出勤。

 昨日は2週間ぶりの休みが取れたので、埼玉県宮代町へ。東武動物公園を中心に辺りを散策しながらのバードウォッチング。

シラコバト_埼玉県宮代町 農耕地の続く冬枯れの景色は、暖かさも手伝ってか寒々しい印象はない。

 静かな農耕地を眼前に、背後からはジェットコースターの音と歓声が絶えず聞こえてくる。そして、動物園特有の匂いが・・・不思議な空間である。

 陽の当たる小高い堤に腰を下ろし、土と枯草で茶系に統一された景色を見ながら一服。年の瀬の街で溜め込んだ疲れが流れていくのを感じる。

 シラコバト、とにかく可愛らしい。その優しそうな顔つき、落ち着いた色合いの羽衣、癒し系ではナンバーワンであろう。

(撮影日:2009/12/27 埼玉県宮代町 Canon 30D EF100-400mm f4.5-5.6L)
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ふなばし三番瀬海浜公園 ・・・ ビロードキンクロ
  ビロードキンクロ_ふなばし三番瀬海浜公園  ビロードキンクロ_ふなばし三番瀬海浜公園
  

 毎年のことであるが、クリスマスが近づくと休みが取れない。しばらく東京に居残りである。

 ふなばし三番瀬海浜公園へ出かけた。京成船橋駅からのバスはキャリーバックをころがす若い女子でいっぱいである。到着して解ったがコスプレのイベントが同公園で開催されていたようだ。

 この日は風もなく暖かい。浜辺では、家族連れや旅行者らしき一団、コスプレ衣装に着替えた若者達が写真撮影をしている、もちろんバードウォッチャーも。初めて訪れる場所であるが、楽しみ方はそれぞれで見ていて楽しい。

 海に目を向けるとカモ達も暖かい休日をゆっくりと過ごしている。けだるそうに伸びをするビロードキンクロ、シノリガモは元気に水面を滑る。

 しばらくすると漁船が通り、後にはハジロカイツブリだけが2羽残った。

   浮寝鳥夢か現か伸び一つ

   水鳥の眠り覚まして漁り船

(撮影日:2009/12/13 千葉県 ふなばし三番瀬海浜公園 Canon 30D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:写真俳句 - ジャンル:写真


今年の漢字 ・・・ ミヤコドリ
  ミヤコドリ_三重県安濃川   ミヤコドリ_三重県安濃川

 旧聞に属するが11日、今年の世相を表すひと文字は「新」が選ばれた。新型インフルエンザなどもあったが、やはり鳩山新政権誕生のインパクトが強い。
 「新」・・・新しいことは期待や希望を将来に感じさせてくれる。最新の世論調査では内閣支持率が5割を割ったようだが、私はまだ新政権に期待しているあきらめの悪い一人であるので、是非がんばってほしい。

 私にとってのひと文字は「縮」・・・まぁ、そんな一年だった。

 大して良いこともなかったが、こうして健康でバードウォッチングも出来た一年に感謝である。

(撮影日:2009/12/06 三重県志登茂川 Canon 50D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


団体行動 ・・・ スズガモ
  スズガモ_三重県志登茂川   スズガモ_三重県志登茂川

 餌を捕る時も、飛び立つ時も、舞い降りる時も、寝る時もカモ達はいつも団体行動である。

 団体行動の好きな人はあまり聞いたことがない。私も得意ではない。誰でも自由気ままが良いに決まっている。しかし生活してゆく上では、組織に属し団体行動も仕方がない。

 休日の気ままなバードウォッチングはそんな生活の息抜きでもある。独りになれる場所がトイレだけでは、ストレスが溜まってしまう。

 日本に飛来する海ガモの仲間では飛来数が一番多いスズガモ、一箇所に数万羽という数になることもあると聞く。
 スズガモに限らず独りポツンとしているカモには、未だ出会ったことがない。カモ達も独りになりたい時があろう。そんな時はどうしているのだろうか。

(撮影日:2009/12/06 三重県志登茂川 Canon 50D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


鴨の水掻き ・・・ ホオジロガモ
   ホオジロガモ_三重県志登茂川  ホオジロガモ_三重県志登茂川

 「鴨の水掻き」という言葉がある。のんびりと浮かんで泳いでいるように見える鴨も水中では絶えず水を掻いている、一見気楽そうに見えても人には人知れぬ苦労があるたとえだ。

 毎週々々、お気楽にバードウォッチングの私にも人並み程度には、苦労や悩みが・・・だからこその息抜きである。

 ちょっと頭の形がいびつだけど、金色の瞳がきれいなホオジロガモ。堤防から見ている私の下を小春日を楽しむようにゆっくりと通り過ぎる。
 澄んだ水を通して両脇から足が見えているが、だらしなく広がっていて、鴨の水掻きには程遠い。

(撮影日:2009/12/06 三重県志登茂川 Canon 50D EF500mm F4L) 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


縦、横 ・・・ アメリカコガモ
アメリカコガモ_新潟県福島潟 風景や記念写真を撮る場合は、縦が良いのか、横位置が良いのかを考えながら撮影するが、野鳥撮影の場合は、私にはまだまだその余裕がない。まずは写すことに精一杯である。

 幸いにして被写体である野鳥がゆっくりとしてくれている時は、縦横を考えて撮影するように心がけている。被写体を大きく写したいだけであれば縦横を考える必要は少ないだろうが、やはり季節感や風景、心象風景までもを表現したいと思えば縦横は大切な要素であろう。

 コガモにとっても縦横は大切である。写真のように側胸に縦に白線があればアメリカコガモであるし、体の中央に(水面と平行に)横に白線があればコガモである。

 この写真は充分に時間があったにもかかわらず、縦、横どちらでも良い、ただ「アメリカコガモがいました」だけの写真・・・残念。

(撮影日:2009/11/28 新潟県福島潟 Canon 50D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


福島潟 ・・・ ノスリ
ノスリ_新潟県福島潟 夜明けとともに飛び立つガンの姿を見ようと、上越市のホテルを6時ごろに出発。昨日とは違い、冷たい雨のスタートとなった。この日は一日中、時雨模様。短い周期で照ったり、降ったりを繰り返す。

 朝日池を後にして、佐潟、福島潟、瓢湖と駆け足で回ってみた。時間に余裕を持って訪れたい場所ばかりである。

 写真は福島潟のノスリ、カラス3羽の急襲にあい、餌を横取りされる数秒前である。佐潟では、オオタカに襲われカモが一斉に逃げ惑う様子も観察できた。

 この日はどこへ行っても広がる田園風景にのんびり気分であるが、ここを生活の場にしている野鳥たちはのんびりとはいかない。

(撮影日:2009/11/28 新潟県福島潟 Canon 50D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


瓢湖 ・・・ オオハクチョウ
  オオハクチョウ_新潟県瓢湖  オオハクチョウ_新潟県瓢湖

    白鳥の年重ねても白くあり

 やはり白鳥は優雅でその白さは美しい。
 白い羽衣を持つ鳥は他にもいるが、この鳥をもって代表とし白鳥と名付けたのもうなずける。

 せっかく新潟に来たのだから瓢湖を素通りするわけにはいかない。瓢湖に近づくにつれ田圃にはオオハクチョウの姿が目立つ。
 湖でその大きな翼を広げて鳴き交わすオオハクチョウは、まるで湖に咲く大きな花のようにも見える。

 幼鳥は灰色が残るが、成鳥は純白である。年を重ねてもその白さを失うことのないオオハクチョウ。年とともに身も心も薄汚れてゆく我が身を思う。

 ここでは、水鳥たちに給餌を行っている。餌の時間ともなると無数のカモたちに混ざって餌を争うオオハクチョウも・・・少々残念な姿である。

(撮影日:2009/11/28 新潟県瓢湖 Canon 50D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:写真俳句 - ジャンル:写真


雁行 ・・・ マガン
   マガン_新潟県朝日池   マガン_新潟県朝日池

 飛んでいる鳥の後ろには気流の乱れが生じる。前を飛ぶ鳥の左右の翼から少し離れ、少し高い位置を飛ぶことで、気流の乱れを避け揚力を増している・・・これがガンの仲間の編隊飛行の意味だそうである。

 陽が傾き始める頃、朝日池からマガンが次々と飛び立つ。群れの数は大小様々で飛んでいく方向も様々である。残念ながらこの日は、うわさに聞く綺麗な逆V字型の編隊飛行は見ることが出来なかった。

(撮影日:2009/11/27 新潟県朝日池 Canon 50D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


リラックス ・・・ ハクガン
ハクガン_新潟県朝日池 長岡出張ついでに新潟県でのバードウォッチング、上越市に宿を取った。
 最近、地方のビジネスホテルでは大浴場のあるところも多い。大浴場には私一人だけ、サウナも完備でとてもゆっくり出来て、一日の疲れもすっかりとれる。

 長岡でレンタカーを借りて、朝日池に着いたのは午後2時頃。
 池の奥ではハクガンがヒシクイやカワウと一緒に休んでいる。風もなく暖かい日で上着が邪魔なほどである。時折ミサゴが現れて池に飛び込むが、池の空気はまったりとしている。薄暗くなるまで観察をしたが、この日ハクガンは一度も飛ぶこともなく、この場所を離れることもなく終始リラックスモードであった。

 大浴場で体も温まり、足湯状態で浴槽に腰をかける。一人だけの浴場内ですっかりリラックスし、この場所から動きたくない・・・昼間のハクガンの気持ちが解ったような気がした。

(撮影日:2009/11/27 新潟県朝日池 Canon 50D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。