野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


九十九里 ・・・ ユキホオジロ
  ユキホオジロ_千葉県九十九里   ユキホオジロ_千葉県九十九里

   九十九里砂より白き鳥見たり

 銚子漁港から始まって、この日の最終目的地、九十九里の海岸に着いた時は、午後4時近くになっていた。

 ユキホオジロは新聞でも報道されたので気にはしていたのだが、この日やっと機会を得た。
飛来から1ヶ月近くが経ち、人気が落ち着いたのか、それとも時間のせいか、バードウォッチャーも少ない。

 日本の渚百選、白砂青松100選の選定を受ける九十九里浜、砂浜を隔てたコンクリート堤にサーファーが腰をかけ海を見据えている。この浜は、ユキホオジロよりサーファーの方が絵になる。

(撮影日:2010/02/20 千葉県九十九里町 Canon 50D EF100-400mm f4.5-5.6L)
スポンサーサイト

テーマ:写真俳句 - ジャンル:写真


ガンバレ愛犬 ・・・ クロガモ
クロガモ_千葉県銚子市 我家の愛犬のチワワ氏、首のあたりの亜脱臼とかで先週手術を受け、数日前にめでたく退院となった。まだ私は退院後、会ってないが首の辺りの毛を刈られ、コルセット装着と何とも情けない姿らしい。しょぼくれた顔が目に浮かぶが、まぁ元気とのことなので一応安心である。

 銚子マリーナに係留されたクルーザーの見える小さな岩でクロガモが羽繕いをしている。しなやかに動く首を器用に使いながら、その特徴的な黄色い嘴は全身のいたるところにとどく。

 我家のチワワ氏が見たらきっと、羨ましがるだろう・・・もう少しの辛抱だ、ガンバレ。

(撮影日:2010/02/20 千葉県銚子 Canon 50D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


チンプンカンプン ・・・ シロカモメ
シロカモメ_千葉県銚子 歌番組を見なくなって久しい。当然、近頃のアーティストなんかは顔も名前もチンプンカンプン。大体、歌手とアーティストの違いすらよく解らない私である。

 モーニング娘の初期メンバーくらいまでは個人が識別できたが、AKB48になるとお手上げである。

 銚子でカモメを見た。
 カモメを真剣に見たのは初めてであるが、こちらもチンプンカンプン。どれを見ても同じに見えてしまう。

 近くにいた親切な方が「カナダカモメの幼鳥がいますよ」と教えてくださるが、写真を撮って帰宅後に図鑑とにらめっこしてもピンと来ない有り様である。
 やはり、数多く見る、見慣れることが肝要のようだ。

 写真はシロカモメ!? カモメにトンチンカンな私でもこれは大丈夫だと思う・・・?

(撮影日:2010/02/20 千葉県銚子 Canon 50D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


他力本願 ・・・ ハイイロガン
  ハイイロガン_滋賀県湖北町   ハイイロガン_滋賀県湖北町

 EOS 7Dを買ってきた。この日が7Dデビュー。
 今までの50Dに比べて機能的に期待する部分はもちろん多いが、まだまだ1日使った程度ではよく解らない。

 新しい機材の効用は、私には機能よりもワクワク感である。
 何だか、「撮るぞ!」的な意欲も沸いてきて、漠然と良い写真が撮れそうな気がする。腕前の進歩より技術の進歩に大きな期待を寄せるわけである。

 ヒシクイの大きな群の中にいたハイイロガン
 マガンと仲良しのようで、時に餌を取り合いながらも常に行動を共にしている。

 被写体が良ければ写真もよく見えそうな気がする・・・どこまでも他力本願である。

(撮影日:2010/02/14 滋賀県湖北町 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


寒い、寒い ・・・ ツクシガモ
  ツクシガモ_福井県若狭   ツクシガモ_福井県若狭

 東京は2月に入って雪の日も多く寒い日が続く。通勤時にはマフラーに手袋、一枚余計に着込んだりと抵抗をしてみるが寒い、寒い。13、14日は名古屋へ帰省・・・東京に比べれば少しは過ごしやすい。

 福井県若狭でツクシガモが見られるというので出かけた。
 米原JCTから北陸道へ入ると、今までの晴天が嘘のように雲行きが怪しくなる。案の定、敦賀手前あたりから雪に変わった。金沢に住まいしていた頃に何度も経験しているが、冬は米原あたりが天気の境目である。この日天気は、雪からみぞれ、雨、そして少し陽ものぞき、また雨、変化の激しい一日であった。

 ツクシガモの群はマイペース・・・天気の変化にも動じない、自然をそのまま受け入れている。

(撮影日:2010/02/13 福井県若狭町 Canon 50D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


バンクーバー五輪 ・・・ トモエガモ
   トモエガモ_東京都  トモエガモ_東京都
 バンクーバーで冬季オリンピックが開会した。
 バンクーバーで思い浮かぶワードは白頭ワシ、水鳥・渡り鳥の楽園・・・病が進行している証拠ではあるが、バードウォッチャーなら一度は訪れてみたい場所である。
 プレッシャーのかかる選手たち、カモでも見ながらリラックスして持てる力を発揮して下さい。

 まとまった休暇も金銭的余裕もない私は、東京の住まいから30程度の公園で再度、トモエガモウォッチング。手の届きそうな距離でトモエガモを見る機会は多くない。天気の心配はあったが、ゆっくりと午前中を公園で過ごした。

 オナガガモ、カルガモとパンを奪い合う姿を見せるトモエガモ、2週間前の印象と違い、都会暮らしの逞しさが感じられた。

(撮影日:2010/02/11 東京都 Canon 30D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


差し色 ・・・ ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ_北本自然観察公園 7日、北本自然観察公園を訪ねた。冷たい風の吹きつける日で、防寒を完全にしていったつもりであったが・・・寒い、寒い。

 今シーズンから新たに導入した防寒アイテムがネックウォーマー。1000円程度の安物であるがなかなかの優れもので、首だけでなく、マスクのように鼻の上まで上げて、ゴムひもを締めれば耳も隠れて非常に暖かく重宝している。

 悔やまれるのはネックウォーマーの色でグレーを選んだことである。
 ズボンと手袋は黒、ダウンジャケットとニットの帽子はグレー・・・ネックウォーマーまでグレーではいかにもである。
 やはり、差し色としてオレンジ、黄色のような明るい色を選ぶべきであった。

 差し色をしかっり押さえているのがミヤマホオジロ。ベースを黒と茶系でまとめ、シックになり過ぎないように、胸元に黄色のスカーフでアクセントをつける。黄色の差し色が効いている

 赤や青、全体を派手な羽衣で飾る人気の鳥達には真似の出来ないセンスである。

(撮影日:2010/02/07 埼玉県北本自然観察公園 Canon 30D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


余寒 ・・・ アメリカコハクチョウ
アメリカコハクチョウ_千葉県本埜村 立春も過ぎ暦の上では春が始まっている。立春過ぎの寒さは余寒、この余寒が厳しい。報じられる新潟県の記録的な積雪の映像を見て、富山県の知人に連絡をとったが、富山県は大したことはないという。

 大寒のポカポカ陽気、立春過ぎの厳しい冷え込み、寒暖の差が激しい。

 千葉県本埜村の白鳥の里。当日は100羽程度のコハクチョウが水の張られた田圃で鳴き交わしていた。アメリカコハクチョウも数羽確認ができた。陽が傾きかけた頃、上空をコハクチョウたちが群で舞う。

 今年のように寒暖の差が激しいと、コハクチョウたちも北へ帰る時期の判断が難しかろうと心配になる。

(撮影日:2010/01/30 千葉県本埜村 Canon 30D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


充電 ・・・ アトリ
アトリ_千葉県八柱霊園 すっかり葉の落ちてしまった木が目立つ八柱霊園。
 写真の木はそんな中の1本である。凹んだ部分に水があるようで、アトリ、シメ、ヤマガラ、シジュウカラが交代で訪れる。

 葉の一枚もついていない裸木は、一層辺りの景色を寒々しいものにしているが、枯れてしまったわけではない。よく見ると細い枝先には多くの小さな芽がついており、内に蓄えたエネルギーを感じる。

 10~20羽の群で裸木にやって来るアトリは、赤茶色に色付いた葉のように見えて、季節が少し戻ったような錯覚に囚われる。

   裸木に色灯したるあとりかな

 季節の中で充電と放電を繰り返す樹々。今の季節は春に向けての充電期間であろう。
 人間も放電ばかりで疲れが溜まる。バッテリーが切れる前に充電も必要である。

(撮影日:2010/01/30 千葉県八柱霊園 Canon 30D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:写真俳句 - ジャンル:写真


留まる理由 ・・・ トモエガモ
   トモエガモ_東京都   トモエガモ_東京都

 本当にトモエガモがいた・・・場所は東京都区内、見るまでは半信半疑であったが、名の由来となった渦巻き模様のある独特の顔はまぎれもないトモエガモである。

 どこでどう迷ったか、はぐれたか、コンクリートと喧騒に囲まれた街では居心地が悪かろうと思うのだが、初冬からいると聞く。

 都会でも珍しくないオナガガモ、カルガモ達の間を遠慮がちに進む・・・彼ら都会ガモとは馴染めないようでトモエガモは寂しそうに見えた。

 何処へでも飛んでいける翼があるのに・・・この場所に留まる理由をつぶやくように問うた。

(撮影日:2010/01/30 東京都 Canon 30D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。