野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


定位置 ・・・ オオワシ
オオワシ_滋賀県湖北町 暦の上では「北風木の葉を払う」頃、朝夕は冷える。我が家もファンヒーターを出した。

 暖かい風の吹き出し口から30cm程度前方がチワワ氏の冬場の定位置である。尻尾の白い毛が燃えてしまいそうなくらいに近くでゴロゴロして過ごしている。少し飛出した大きな目が乾いてしまいそうだが、また今シーズンも早速、定位置に陣取っている。

 今シーズンもオオワシが湖北に飛来。
 こちらも早々に定位置についたようである。色付いた木の葉に囲まれた山頂近くに陣取り琵琶湖を臨む。

 私には見ることは叶わないが、あの場所から見る琵琶湖に落ちる夕日はさぞ美しかろう。

(撮影日:2010/11/27 滋賀県湖北町 Canon 7D EF500mm F4L)
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


初冬の音 ・・・ コハクチョウ
   コハクチョウ_滋賀県湖北町   コハクチョウ_滋賀県湖北町

 転勤に伴う引越しやら、仕事の何やかやも一通り完了。
 関東のバードウォッチャーの皆様、大変お世話になりありがとうございました。

 久しぶりのバードウォッチングは初冬の気配漂う湖北町。
 午前中は生憎の雨模様だったがコハクチョウが迎えてくれた。 鳴き交わす声、水面をたたく音、風を切る羽音・・・音が景色に溶け静寂の戻った水面は鉛色の空を映していた。

(撮影日:2010/11/27 滋賀県湖北町 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


花鶏 ・・・ アトリ
アトリ_三重県四日市市 休耕地に植えられたコスモスも花はもう残り少ない。

 それでも時々、まだ花の残っている区域では若い母親に連れられた子供たちが賑やかに駆け回る。子供たちの姿は、背より高いコスモスの中に消え、元気な声だけが響く。
 花畑には子供たちがよく似合う。

 コスモス畑の端には一足先に花の時期を終え、忘れらたひまわりが拗ねたように下を向いている。
 輝くような色の夏の花は終わってしまったけれど、その実を求めるアトリがとまる様子は秋色に咲く2度目の花のようだ。


(撮影日:2010/11/07 三重県四日市市 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


黄葉 ・・・ ヒレンジャク
ヒレンジャク_三重県四日市市 紅葉と黄葉。

 晩秋に寒冷刺激を受けた落葉樹の葉が色付く。
 葉緑素が消え、葉の中のカロチンが目立つようになったのが黄葉、葉の中の糖分がアントシアンに変化したのが紅葉・・・と云うことらしい。

 葉の色を黄色に変え冬支度の樹にヒレンジャクが実を食べに来る、ツグミもヒヨドリも、そしてキレンジャクも。

 ヒレンジャクとキレンジャク、紅葉と黄葉のように季節によって色が変わるわけではないけれど、同じように季節モノ、四季の国なればこそである。

(撮影日:2010/11/07 三重県四日市市 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


日本一ならず ・・・ キレンジャク
    キレンジャク_三重県四日市市    キレンジャク_三重県四日市市

 ドラゴンズ、日本一ならず・・・残念である。
お疲れさまでしたと、言えるのが本当のファンであろうが、やはり勝負事は勝ってなんぼ、勝ちにこだわる落合野球、勝てなかったことが意味するところはこのチームが一番よく解っているだろう・・・えせドラゴンズファンのつぶやきである。

 前日にシリーズ最長試合となる5時間43分の6戦目の放送に付き合って、日曜はゆっくりの起床。つまらない試合を見てしまったと、ブツブツと独り言をいいながら昼近くからのバードウォッチングとなった。

 キレンジャクはそんな不精な私にも愛想よく付き合ってくれた。
いっそう高い空の下、色付いた葉に負けない尾羽の黄色が美しい。

(撮影日:2010/11/07 三重県四日市市 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


オジロトウネン
オジロトウネン モノトーンの蓮田では役目を終えた葉が秋を惜しむようだ。

 この日もタシギ、コチドリ、オオハシシギなどこの時期定番の顔ぶれ。オジロトウネンは先週より数が増えたようだ。鳥達は皆、泥に嘴を入れている。水際の泥に育まれる生き物の如何に多いことか、バードウォッチングを始めて知ったことのひとつである。

 大阪市の河川事務所の多くの職員が長年にわたり、船で川底の清掃作業中に拾い上げたごみの中から現金を抜き取り、私物化していたという。大阪市は引き続き調査を進めるというが、立派な犯罪であり(遺失物横領罪)厳正に対処してもらいたいものだ。

 水際を糧にしているのは人間も一緒であるがとんでもない方法もあったものである。

(撮影日:2010/10/24 愛知県愛西市 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。