野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


運 ・・・ ミミカイツブリ
 絵に描いたような見事なボレーシュートが日本を優勝へ導いた。
 サッカーのアジアカップ決勝戦、柄にもなくナショナリズムをかきたてられたが、同時に勝負事は運、ツキが左右するということも改めて感じた。特に実力が伯仲していれば尚更であろう。

 バードウォッチングも幸運、不運を感じることがある。
 この日は、お目当てのカモメは少なかったが、2年ぶりにミミカイツブリも見ることが出来た・・・ツキはあったのか、なかったのか?
 鳥相手に勝った負けたもない訳で、本人が満足しているのだからツイていたのだろう。

 
   ミミカイツブリ_千葉県銚子市   ミミカイツブリ_千葉県銚子市   
   (撮影日:2011/01/23 千葉県銚子市 Canon 7D EF500mm F4L)
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


クロサギ
   クロサギ_千葉県銚子   クロサギ_千葉県銚子

 この日の銚子は楽しみにしていたカモメが少なかったが、クロサギを見ることができた。

 潮の満ちてくる岩礁は、低い部分が水面に隠れ徐々に飛び石のようになっていく。
 身をかがめ海を見つめるクロサギの視線は怖いくらいに鋭い。浅瀬が残っているうちにと岩から岩へと飛び回り夢中で魚を追いかける。

 私も夢中で撮影を続けたが、気がつけば岩礁上の私の退路も海水の中。こんな冬の日にまた足が水浸しである。

(撮影日:2011/01/23 千葉県銚子市 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


冬凪 ・・・ アカエリカイツブリ
 出張ついでに銚子まで足を伸ばしてバードウォッチング。
 浜に立つと銚子の海は風も無く穏やかで、実際はうるさいほどの数のトビが舞っていたのだがこの句を思い出した。

   冬凪や鳶一つ舞う浜の空  寒川鼠骨

 昨年7月、北海道で見た夏羽とは一味違った色のアカエリカイツブリが冬凪の銚子の海に浮かんでいる。
 忙しなく潜っては思わぬところに浮かびまた潜る。しばらくすると凪を楽しむように2羽が鳴き交わした。その地味な色合いが冬の海にはよく似合う。

   アカエリカイツブリ_千葉県銚子市   アカエリカイツブリ_千葉県銚子市   
   (撮影日:2011/01/23 千葉県銚子市 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


大雪 ・・・ オシドリ
   オシドリ_岐阜県松尾池  オシドリ_岐阜県松尾池

 15日は友人に誘われ久しぶりに風景を撮影にと御在所へ。山頂は一面の銀世界、しかし風が強くまるで雪が下から飛んでくるような吹雪であった。

 翌日は雪山を歩き回った疲れもあり、目覚めたら既に陽が高く・・・いや目覚めたら昨日のような雪景色にビックリ。名古屋でも積雪は9センチ、交通機関に影響が出ており、スリップ事故も多発。
 台風の日にサーフィンに出かけ救助される人のニュースを見て、「何もこんな日に、はた迷惑な・・・」と思うわけである。こんな雪の日に、大した用事も無いのに、車での外出控を控えるのが常識人である・・・とは思いながら雪景色の誘惑に負けてしまった。
 最近、バードウォッチャーのモラルが問われる場面も増えているが、これも立派な迷惑行為であろう・・・反省である。

 音もなく舞う雪を映す松尾池。オシドリ達もいつもと違った美しさの池に見入っていた。

(撮影日:2011/01/16 岐阜県 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


日の丸弁当 ・・・ オオマシコ
オオマシコ_愛知県 長引く不景気の影響か、「昼食はお弁当」ってのが流行だそうだ。
 しかも女性だけではない。若い独身男性もお弁当を持って出社、お昼にはみんなで持ち寄ったお弁当を評価しながら食べるのだそうである。
 テレビで見る限りでは男性陣のお弁当もなかなかの出来ばえであった。もし私に作れるとしたら日の丸弁当くらいが精一杯であろう。

 この時期の標高1000M地点は、東海地方といえども半端なく寒いわけで、車内から見る道路の温度表示は -3 ~ -7℃。しかし寒さ故に霧氷は山全体を白花で覆い、青空が輝きを与える。

 そんな寒さのなかでオオマシコを見た。オス、メス6羽が元気に文字通り飛び跳ねる。雪上の真赤な姿になぜか「日の丸弁当」を思った。

(撮影日:2011/01/10 愛知県 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コクガン
 伊勢湾を臨む河口では、コクガンがカモ達を従え水鳥たちの凛とした姿があった。
 緊張感漂う面持で見つめる方向には・・・私には何も無いように見えるが、彼らには確かに何かが見えているようだった。


   コクガン_三重県安濃川   ミヤコドリ_三重県安濃川
   (撮影日:2011/01/04 三重県津市 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


陽だまり ・・・ ビンズイ、ルリビタキ
 所々に雪の残る養老公園へ。
 もう10時近いというのに吐く息が白い。滝川の近く、開けた場所では残雪の上をビンズイが跳ねている。いつの間にか騒がしくなった頭上ではエナガ、コゲラ、シジュウカラ、ヒガラの群れにヤマガラ、メジロも加わり慌ただしく通り過ぎる。

 滝川沿いを上がっていく。
 分厚い雲を吹き飛ばすような冷たい風が吹き時雨となったが、ルリビタキが姿を見せると弱々しい冬の太陽が美しい鳥を照らした。
 ルリビタキには冬の陽だまりがよく似合う。

   ビンズイ_岐阜県養老公園   ルリビタキ_岐阜県養老公園
   (撮影日:2011/01/04 岐阜県養老公園 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


2010年 鳥納め ・・・ サバクヒタキ
サバクヒタキ_千葉県 2010年最後のバードウォッチングは千葉在住のMさんと松戸駅にて待ち合わせでスタート。2010年も関東のフィールドでは随分とMさんにお世話になった。

 この日も珍しい小鳥に会わせて頂いた。
 サバクヒタキは人慣れしているようでレンズの最短撮影距離の内側まで寄ってくる。時々小首をかしげる姿は愛らしいが、迷い込んだこの地で何を思うのか・・・。年も押し詰まったせいか人も少なく、寒さも忘れゆっくりと観察をさせて頂いた。

 午後からは別のポイントへ案内していただき猛禽類を堪能。素晴らしい鳥納めとなった。
 Mさん、2011年もよろしくお願いします。

(撮影日:2010/12/30 千葉県 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


足跡 ・・・ オオハクチョウ
   富山県氷見市_オオハクチョウ   富山県氷見市_オオハクチョウ
   (撮影日:2010/12/28 富山県氷見市 Canon 7D EF100-400mm f4.5-5.6L)

 昨年末はギリギリまで雪降る北陸へ出張、氷見市の十二町潟で早朝の1時間程度のバードウォッチングとなった。
 公園は除雪がされておらず、またこんな日に歩く人もないようで雪景色の中、どこが歩道なのかもわからない。

 まだ足跡一つ無い真っ白な雪の上を歩くのは気持ちのいいものだが、想像以上に歩き辛く汗ばむほどだ。しかし準備していった長靴では役不足のようで膝近くまで積もった雪の侵入を防げず、足だけは凍りそうに冷たい。

 オオハクチョウの声が響く潟湖ではヒシクイ、カモたちも休んでいる。
 こちらの雪上は既に水鳥たちの足跡でいっぱいであるが、彼らも雪の上は歩き辛そうである。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。