野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


戸隠へ(4) ・・・ ホトトギス
ホトトギス_長野県戸隠 戸隠での探鳥の間、絶え間なく降るさえずりの声。
 その中でも際立って大きく、頻繁に耳にしたのがホトトギスの声。
 いつも遠くから聞こえるその声は、この森にそして遠く戸隠連峰に染み入る。

  谺して山ほととぎすほしいまヽ  杉田久女

 広がる空間にこの句を思うと大きく深呼吸がしたくなった。

 遠かった声が近くに聞こえだした時、同行の方が声の主を見つけてくださった。
 最後まで同行の方々のお世話になりながら楽しかった戸隠に別れを告げた。

(撮影日:2011/06/12 長野県戸隠 Canon 7D EF500mm F4L)
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


戸隠へ(3) ・・・ 子育てする鳥たち
   ノジコ_長野県戸隠   コサメビタキ_長野県戸隠

 多少足元は悪いが天気に恵まれた2日目。
 雨具不要の身軽さはフットワークの軽さに、そして気持ちも軽くなる。

 園内を歩くとアオジに混じってノジコが低木の間を飛び回る、そして最後は決まったモミの木の裏へと・・子育て中であろうか。コサメビタキもここでは最も頻繁に目にする野鳥の一種。こちらは小道沿いの巣にヒナの姿があった。

 他にもアカゲラやキビタキなど多くの鳥たちが巣へ餌を運んでいた。

(撮影日:2011/06/12 長野県戸隠 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


戸隠へ(2) ・・・ さえずる鳥たち
   コルリ_長野県戸隠    ミソサザイ_長野県戸隠

 この時期、戸隠では四方八方からさえずりが聞こえる。
 婚活、縄張り宣言とそれぞれの意思を大声で新緑の森に響かせる。

クロツグミ_長野県戸隠 4人での探鳥は目玉も八つで心強いが、耳もまた八つで心強い。
 まだ羽色の整わないコルリが笹薮でさえずりの練習をする微笑ましい姿を見せてくれる。
 ミソサザイは小さな身体に似合わない声量で驚かせてくるし、クロツグミの声は首が疲れるほどの高い枝で綺麗な声を聞かせてくれる。

自然の中で五感が研ぎ澄まされる感覚が心地よい2日目である。

(撮影日:2011/06/12 長野県戸隠 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


戸隠へ(1) ・・・ 赤い鳥たち
アカゲラ_長野県戸隠 戸隠へ行って来た。

 単独でのバードウォッチングの多い私は今回初めての4人での探鳥である。幾つになっても初めてと言うのはワクワクするもので非常に楽しい時間を過ごせたことを同行の皆さんに感謝したい。

 4人となると八つの目玉、探すのが下手な私の目玉換算では20目玉程度と非常に効率よく見つけることが出来るわけである。

 一日目の午前中は生憎の雨模様であったが、それでも森の至る所から鳥達の声が雨音を掻き消すように降る。1年前と同様、先ずはアカゲラが迎えてくれた。
 声で迎えてくれたのはアカハラ、一生懸命に梢でさえずっている。
 アカゲラ、アカハラとこの日は赤い鳥に恵まれた。そして最後はこの森の人気者アカショウビンが新緑に映える赤い姿を間近に見せてくれた。

   アカハラ_長野県戸隠   アカショウビン_長野県戸隠
   (撮影日:2011/06/11 長野県戸隠 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


婚活 ・・・ コアジサシ
   コアジサシ_千葉県   コアジサシ_千葉県

 コアジサシは婚活時期のようだ。

 オスは強風をものともせず、メスにプレゼントするための小魚を獲っては運ぶ。
 砂浜にかっこ良く舞い降り、小魚をチラつかせメスにアピールするが、メスはそっぽを向いたまま、なかなか受け取ってもらえない。こんなシーンが浜のあちらこちらで繰り広げられている。

 プレゼントの魚の大きさか、それともルックスか?・・・もてるコアジサシの基準は私には不明である。

 晴れてカップルになった勝ち組は、砂浜の後背地で繁殖、1ヶ月もすると今度は可愛いヒナのために小魚を運ぶ姿が見られるだろう。

(撮影日:2011/06/04 千葉県 Canon 7D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


決め手 ・・・ ベニアジサシ
ベニアジサシ_千葉県 千葉九十九里で3週間ぶりのバードウォッチング、関東でのバードウォッチングはいつものようにMさんのお世話になる。
 Mさん、鳥を探すのがめっぽう上手、海でも山でも公園でも・・・視力の問題でなく天性の才能の持ち主である。この才能に今までどれだけの鳥を見せてもらったことかと改めて感謝の一日。

 初めて見るベニアジサシ、識別には自信がない。
 足は赤いが嘴は黒い・・・嘴の黒色部の多いものもいるようだ。アジサシより長いはずの尾羽も遠くてはっきり確認できない。前方のアジサシより確かに背や翼は淡い、微妙だが顔から下面は淡紅色のような気がする。

 こうなると同定の決め手は・・・現場に居合わせた方々の意見。ということでこの鳥はベニアジサシです・・・チャンチャン♪

(撮影日:2011/06/04 千葉県 Canon 7D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ハジロクロハラアジサシ
 天変地異が続き、政治は乱れ疫病が流行る・・・昔話であればこの後は祈祷師の出番である。
 大地震、津波、目に見えぬ放射線の恐怖、なおも続く政局の混乱。時期リーダーは占い師さんにでもお願いしたくなるような現在である。
 明けぬ夜は無いと信じるが、夜明け前なのか、まだ陽が落ちたばかりなのか?少しの明かりもなければ時刻も読めない。

 閉塞感の漂う憂き世を忘れ海辺に出かけた。3週間ぶりのバードウォッチング。
 砂浜は海風が心地よい・・・が、次第に風が強くなってくる。砂浜の表層を流れる微小な石が肌に痛い。

 ハジロクロハラアジサシは風が強く吹けば吹くほど、楽しむように風に向かって力強く飛んでいた。
 
   ハジロクロハラアジサシ_千葉県   ハジロクロハラアジサシ_千葉県
   (撮影日:2011/06/04 千葉県 Canon 7D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。