野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オガワコマドリ
オガワコマドリ_千葉県 オガワコマドリ・・・気になる名前である。
 何処の「オガワ」さんだろう?

 小川三紀(おがわみのり)、明治時代の鳥類研究者で静岡県出身。彼の死後、彼の所蔵していた標本を調査したところ、この鳥を発見し彼の功績を名前に残したようだ。

 英名の「Bluethroat」(青色の喉)の方がしっくりくるのは私だけだろうか?

(撮影日:2012/4/7 千葉県 Canon 7D EF100-400mm f4.5-5.6L)
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コミミズク
 コミミズク_茨城県  コミミズク_茨城県

 単身赴任先の東京のマンションに半年に一回程度、妻の監査が入る。
ちょうど今回は桜の時期と重なり、飛鳥山公園へ出かけた。

 雲ひとつ無い真っ青な空に薄ピンクの花が映える・・・が、視線を落とすと人、人、人。地面を埋め尽くすブルーシートが歩道まではみ出し、積み重なったゴミ袋の山とトイレに並ぶ人々の行列。
 やはり東京の花見は凄まじいわけで、人の多いところで落ち着けない私はいつまでたっても田舎者を抜け出せない。

 季節の歩みに取り残されたような枯草色の空間をコミミズクが飛び交う。少なくとも4羽を確認したが、春に追い立てられるように、間もなく姿を消すのだろう。

(撮影日:2012/4/7 茨城県 Canon 7D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。