野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ヘラサギ
  ヘラサギ_川越市  ヘラサギ_川越市
  (撮影日:2013/12/7 川越市 OM-D E-M5 EF100-400mm f4.5-5.6L)

 車椅子の方が電車に乗車する際、駅員が待機して手際よく乗車を手伝う様子は通勤時もよく目にする。
 ヘラサギを見に出かけたこの日の帰り道、車椅子の方がバスに乗車する場面にでくわした。運転手がエンジンを止めて、決まった位置と思われる場所に車椅子を押し、シートベルトを丁寧にセットする。
 今年も年の瀬、またひとつ年を重ねる。いつ車椅子のお世話になるか、明日は吾身と思うとなんだかホッとするシーンだった。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コスズガモ
 浮寝鳥・・渡って来たばかりの水鳥が小春日に浮かんでいる様子はゆったりと見える。

 昨年に続いてコスズガモが飛来していると聞いて出かけた。
 終始、浮寝鳥状態で首を上げたところを見逃すまいと構えてみるが、なかなか嘴を羽から出してくれない。あきらめながら観察を続けると鋭い黄色い目はほとんど開いたままである。さらに浮寝姿勢でぐいぐいと進む、寝ていないのである。人間にはゆったりと見えるが、注意を怠らず休んでいるようだ。

 「浮き寝」、「憂き寝」と音がおなじであることから、昔から色っぽい歌も詠まれたようである。

  敷細の 枕ゆ漏る 涙にそ 浮寝をしける 恋の繁きに (万葉集)

  コスズガモ_東京都水元公園  コスズガモ_東京都水元公園
  (撮影日:2013/11/23 東京都 水元公園 OM-D E-M5 EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ミゾゴイ
 職場から30分程度の公園でミゾゴイが見られるという。
 都下の公園で見られるとは驚きである。

 その後、1週間足らずでまた思いもかけぬミゾゴイとの出会いがあった。
 日経新聞の「私の履歴書」、紙面上での出会いである。
 
 11月は積水ハウス会長兼CEOの和田勇氏で、27日朝刊に大阪駅近くの新梅田シティで積水ハウスが環境面での社会貢献活動である「新・里山」にミゾゴイが飛来した話が載っていた。

 形振り構わぬ増税で金を集める行政に見習ってもらいたいような活動である。

  ミゾゴイ_東京都江東区  ミゾゴイ_東京都江東区
  (撮影日:2013/11/18 東京都 仙台堀川公園 OM-D E-M5 EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真