野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケイマフリ
 漁港がお気に入りのケイマフリを見てきた。当日は22mを超える強風が吹き荒れた1日であったが、ケイマフリは気にも留めぬ様子で気持ち良さそうに羽ばたきを繰り返す。

 しかし人間、機材はそうはいかない。
 身体ごと飛ばされそうな強風の中、浜の砂粒、海からの飛沫が容赦なく降りかかる。
 結果、双眼鏡に不具合が生じた。目当て部分(ターンスライド)に砂粒か塩粒かが混入したようでスライドしなくなってしまった。ニコンの双眼鏡を使っているが以前も別のニコン双眼鏡で同じ部分を2度修理した。ターンスライドという機構に構造的な問題もあるような気もする。
 そんなわけで昨日、有楽町での用件を済ませた後、ニコンの銀座サービスセンターへ出かけて修理の依頼をした。窓口担当者はカメラには手慣れた対応をしていたが、双眼鏡は不得手のようで残念な見積もりと対応であった。

 機材だけでなく、私もまるで海水をかぶったかの様にダウンジャケットには塩粒が白くこびり付いている。帰路の電車では少々格好の悪い思いであった。


  ケイマフリ_銚子市  ケイマフリ_銚子市
(撮影日:2014/03/21 銚子市 Canon 7D TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3)
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ヤドリギツグミ
 天気は快晴、南紀の海、浜は変わらず美しい。 
 早起きが苦手な私が現地に到着したのは午後1時、名古屋から4時間近くの道のりである。途中、山中では杉が立派な雄花をつけている。幸い花粉症ではないが思わず車の窓を閉めた。

 到着後、ヤドリギツグミは田の畦に沿って採食中であったが、逆光でとても見ずらい。傾いた陽が山に遮られる頃にようやくはっきりとその姿を見ることができた。

 帰路、ここまで来たのだから海の幸でもと42号線沿いを探してみるが、見慣れたファストフード店は営業しているが地元の店は閉まっているところが多い。見知らぬ土地でも美味しい店を探り当てる嗅覚の持ち主を何人も知っているが、私はそういったカンが鈍いようで、ちょっと残念な夕食となった。

  ヤドリギツグミ_三重県紀宝町  ヤドリギツグミ_三重県紀宝町
(撮影日:2014/03/08 三重県紀宝町 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


メジロ
メジロ_相模川自然の村 今年の冬は長くて寒かった。
 3月になっても真冬を思わせる日が続き日常的に上下ともヒートテックのインナーが手放せない。

 ウタツグミの観察にも区切りがつくと、ぽつりほつりと桜が咲いているのに気がついた。河津桜だそうだ。2月上旬から咲き始める早咲きの品種らしい。桜花の下にいると心なしか陽射しが春めいている。

(撮影日:2014/03/02 相模川自然の村 Canon 7D TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ウタツグミ
  ウタツグミ_相模川自然の村  ウタツグミ_相模川自然の村
  (撮影日:2014/03/02 相模川自然の村 Canon 7D TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3)

 1月に手に入れたタムロンの「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD」。2ヶ月が経過してやっと使用する機会に恵まれた。タムロンは随分昔に「SP AF 200-500mm F/5-6.3 Di LD」を使ったがAFのスピードが不満ですぐに手放した経緯があった。しかしこの点は随分と改善がされているように感じた。望遠端600mmでの解像感は期待通りとはいかず価格なりである。

 試写の被写体となったウタツグミは、取り囲む観衆よりもツグミに神経を使っているようで近づきすぎると頭を下げて小走りに距離をとる仕草がなんとも可笑しかった。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


キマユムシクイ
キマユムシクイ_岐阜県 毎年のことだが2月は出張が多い。
 時節柄受験生も多く、先日も福岡空港で、前を歩く学生のデイバックから「学業成就」のお守りがさがっており、広島からののぞみの車内では隣に座った学生が参考書に一生懸命目を通していた。彼らに一足早くサクラサク春の訪れを願う。

 短い時間でもフィールドに出ることは気分転換になる。
 この日、出張疲れを癒してくれたのはキマユムシクイであった。、落ち着き無く動き回る先を見渡すと膨らみかけた梅の蕾にすぐそこまで来ている春を想う。

(撮影日:2014/2/16 岐阜県 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。