野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヤマシギ
 JRとバスを乗り継いで公園へ到着。
 先ず出迎えてくれたのは人間を気にする様子もないタイワンリス、この後園内で何度も見かけた。
 園内は霜柱が立っている。霜柱を踏みしめて歩くのは何年、いや何十年ぶりであろう。靴底に懐かしい感触がよみがえる。

 ヤマシギは程無く2羽が並んで姿を見せた。
 落葉の下にくちばしを突っ込んで器用に餌を見つけ出す。クリクリとした目が愛らしく印象的であった。

  ヤマシギ_横浜市  ヤマシギ_横浜市
   (撮影日:2015/2/7 横浜市 Canon 7D TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3)
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ベニヒワ
 この日、惰眠を決め込んでいた私を大寒の空の下に連れ出したのはベニヒワであった。
 笠松競馬場近くに出ているという。競馬とは縁の無い私でも安藤勝己、オグリキャップとその場所くらいは解る。
 現場では以外にあっさりとベニヒワを見ることが出来た。
 2羽が仲良く、この時期には珍しいの優しい北風に揺られながら背の高い草の種子をついばんでいる。近くにはベニマシコの姿もあった。

  ベニヒワ_岐阜県  ベニヒワ_岐阜県
  (撮影日:2015/1/31 岐阜県 Canon 7D2 EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


カラムクドリ
 ムクドリは都市部ではあまり評判がよろしくない。
 美声とはいえない鳴声など大きな群れになることで、騒音、糞害が問題となる。そのような習性からか出稼ぎのために集団で季節的に都会へ出てくる地方の人たちを揶揄して「椋鳥」と呼んだらしい。そして「椋鳥」は「田舎者」をさす言葉となったようだ。

 都心部でカラムクドリが見られるというので出掛けてみた。多くの人が話題の鳥を見ようと集まっている。
 川沿いの桜並木を行き来するカラムクドリ。それを追って右往左往する。
 東京での生活も長くなったが、やはり私は立派な椋鳥だ。

  カラムクfドリ_東京都  カラムクfドリ_東京都
   (撮影日:2015/1/24 東京都 Canon 7D TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3)

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。