野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



シジュウカラガン
 「ぼんやり」することは脳に随分といいらしい。ストレスの解消、能率アップなどに効果があるという番組を見たが、何も考えず、考え事もせず正しくぼんやりするのはとても難しそうである。

 シジュウカラガンを見に出かけた。
 最寄り駅から沼までの道は菜の花が美しく、汗ばむような好天に恵まれた。シジュウカラガンは長期間滞在しているようで沼にはギャラリーの姿はなく、釣り人の垂らす糸が時折春陽に光る。
 お気に入りの場所で動きを止めたシジュウカラガンをぼんやりと眺める。正しくぼんやり出来ていたかは別にして、やはりバードウォッチングはストレス解消になる。

  シジュウカラガン_千葉県  シジュウカラガン_千葉県
 (撮影日:2015/3/28 千葉県 Canon 7D TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


シマアジ
 飽食の現代と違い、昔の人にとって野鳥は命をつなぐ大切な食料だったのだろう。

 シマアジを見に出かけた。カモの仲間であるが、「シマアジ」という名前が興味を引く。調べてみると古名の「あぢ」、美味しい肉の鴨ということらしい。ちなみに江戸時代に「味鴨」と呼ばれていたのはトモエガモできっとこちらも美味であったのだろう。

 川の中央に用心深く浮いているシマアジは川辺近くに寄ってこない。昔々食料にされた記憶が遺伝子に情報として残っているようだ。

 春雨や喰はれ残りの鴨が鳴く  一茶

  シマアジ_愛知県  シマアジ_愛知県
  (撮影日:2015/3/21 愛知県 Canon 7D2 EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真