野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界一タフな男 ・・・ オオヒシクイ
オオヒシクイ_滋賀県湖北町 アメリカ合衆国の大統領選挙で、「変革」を掲げた民主党のオバマ上院議員が第44代大統領に当選した。私が米国大統領に持つ印象は、「世界一タフな男」だ。

 党の大統領候補者として選出されるまでの予備選挙の様子は、日本でも詳細に報道された。日本で見ていると、ずいぶん長い時間をかけてのお祭り騒ぎにも映るし、逆転、また逆転の政治ドラマは実に面白い。

 長期間の選挙戦は、体力的にも精神的にも相当にタフでなければとても戦えない。そして選挙戦の中でもう一回りも、二回りも大きくなる。絶対的な信念がないと、とても戦えないだろう。このことが、私の「世界一タフな男」のイメージに結びついている。

オオヒシクイ_滋賀県湖北町 省みるに日本では、二人続けて総理大臣の座を自ら投げ出した。麻生総理も国民の審判を先送りする姿勢と伝えられる。これでは、外交の舞台で米国大統領を相手に互角に話が出来るとは、とても思えない。

 アメリカ大統領選を尻目に、反アメリカ諸国との外交を活発化させるロシア。そのロシアのカムチャツカ半島から、越冬のためにオオヒシクイ琵琶湖に渡ってきている。

 異国の覇権争いなどとは、無縁な時間が流れる湖畔に、オオヒシクイが羽を休める。

【2008/11/02 滋賀県 湖北町 Canon 50D EF500mm F4L】
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。