野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カラカラ天気 ・・・ カワガラス
カワガラス_岐阜県養老町 西高東低の冬型の気圧配置が続き、空気が乾燥して湿度の低いカラカラ天気が続く。カラッとして爽快なはずの冬晴れの日には、私は静電気に悩まされる。パチッと音を立てて放電する時の恐怖を思うと、金属に触るのが怖いのである。

 火事のニュースも連日報道されない日はない。カラカラ天気とは無関係ではないだろう。特に幼い子供が犠牲となるようなニュースに触れると心が痛む。

 6日に起きた千葉県松戸市の幼子3人が犠牲となった火事では、母親が留守番の子供を置いて病院ではなく近所のパチンコ店に出かけていたことが報道された。火事が起きたことと、母親の行き先の間に何か因果関係があるのだろうか? 因果関係がはっきりしない段階でこんな事まで報道する必要があるのだろうか? 甚だ疑問である。

 滝沿いの道は春にはサクラ、秋には紅葉と目を楽しませてくれる。この時期は訪れる人も少なく冬枯れの木々が少し寂しいが、カワガラスは元気に飛び回っている。昨年は滝川に作られた堰の穴で子育てをしていた。巣は堰から流れ落ちる水のカーテンで覆われる。カワガラス一家には火事は無縁だろう。

【2009/01/04 岐阜県養老町 Canon 50D EF500mm F4L】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真