野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自由の象徴 ・・・ ズグロカモメ
  ズグロカモメ_鈴鹿川派川  ズグロカモメ_鈴鹿川派川

 干潟に突き出した遮蔽物のない堤防では、容赦なく真冬の冷たい風が吹きつける。潮のひいた河口は釣り人の姿もなく、一見寂しそうだが野鳥達はいつも以上に元気に見える。

 「カモメ」は童謡や演歌、J-POPまで歌のタイトルや歌詞に最も多く登場する動物のひとつだろう。私の年代では、中島みゆきの「かもめはかもめ」や渡辺真知子「カモメが翔んだ日」が記憶に深い。

 誰もが知っている身近な野鳥であることもひとつの理由であろうが、まぶしい太陽と青空を背に悠々と飛ぶ姿は、元気を与えてくれるし、何より人間の決して手に入れることの出来ない自由の象徴だ。また、冬の寒さにじっと耐える姿も絵になる。同じ3文字でも「スズメ」や「マガモ」では歌にならない。

 冬晴れの干潟では、形の良い翼をいっぱいに広げてズグロカモメが自由を歌う。

【2009/01/10 三重県鈴鹿川派川 Canon 50D EF500mm F4L】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。