野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青い鳥 ・・・ ルリビタキ
ルリビタキ_岐阜県養老町 メーテルリンクの戯曲「青い鳥」、チルチルとミチルが幸せの青い鳥を探して不思議な世界を旅する有名な話である。

 「幸せとは?」という問いに対して、様々な示唆を与えてくれる。探し求めても手に入れることの出来なかった青い鳥が、実は昔から飼っていた鳥で身近にいたことにやっと気づく主人公たち。しかしこれだけでは終わらない。ラストシーンでは青い鳥は鳥かごから逃げ出してしまう。

ルリビタキ_岐阜県養老町  ルリビタキ。私もバードウォッチングを始めた最初の冬、なかなか出会うことが出来ず、この青い鳥を探し求めたことがあった。

 ルリビタキは性的二形、つまり名前の由来となる美しい瑠璃色の羽を持つのはオスだけである。しかも若いオスはメスと同じようなオリーブ褐色であり、瑠璃色の羽を得るのに3年が必要と聞く。

 目の前に現れたこの青い鳥は、厳しい自然の中で3年も生きてきた・・・そう思うと、「がんばったんだなぁ」と語りかけたくなる。

【2009/01/25 岐阜県養老町 Canon 50D EF500mm F4L】

 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。