野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鹿児島県出水市(1/5) ・・・ マナヅル
マナヅル_出水市 1月31日、7:45 JAL3291便でセントレアを出発。出発は遅れたが飛行機は90分程度で鹿児島空港に着陸。天気は薄日が射すものの風がとても強く、そして冷たい。暖かくもなく名古屋と同じように寒い。

 空港でレンタカーを借り、出水市ツル観察センターに向かう。
 山間を抜け、出水平野に入り、ツル観察センターが近づくにつれ田圃に、空にとナベヅルマナヅルの姿がどんどんと増えていく。

 良いか悪いかは別にして、ここのツルは人をあまり恐れないように思えた。途中、田圃のマナヅルを車内から500mmで狙ってみたが、近すぎてはみ出てしまう・・・機内でも手荷物にして重たい思いをして持ってきたのに・・・。

 こんな寄り道をしながらも空港からツル観察センターへは90分程度で昼前には到着。出水市に入ると「ツル渡来地」の案内板も多く、迷うことはなかった。

マナヅル_出水市 駐車場は無料。観察センターは2F・屋上の展望施設が利用料210円。2Fはガラス張りで暖かく観察できる。屋上はこの日、立っているのがやっとの強風のために早々に退散した。

 観察センターの前にはおびただしい数のツルが・・・今年のツルの渡来数は12000羽を数えるという、2割程度がここにいるとしても・・・想像を超える数のツルに驚いた。これだけの数のツルを目の前にして、私はカメラを持ったまましばらく固まってしまった。

【2009/01/31 鹿児島県出水市 Canon 50D EF500mm F4L】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。