野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鹿児島県出水市(4/5) ・・・ ホシムクドリ
ホシムクドリ_鹿児島県出水市 カナダヅルに後ろ髪を引かれながらも別れを告げ、東干拓の東側の農耕地をうろうろとしてみた。ツル観察センターや東干拓ほどではないが、マナヅル、ナベヅルの家族が所々で静かに佇んでいる。ツル観察センターの圧倒的な光景も良いが、こちらの方も趣がある。

 その他にもツグミ、シロハラが多い。そんな中、ムクドリの群れの中にホシムクドリを2羽見つけた。金属光沢の衣装に白い水玉模様が洒落ている。ホシムクドリは米ノ津川の西、名護港近くの小さな公園にも同じようにムクドリの群れに混じって3羽がいた。この公園には他にもイカル、アトリ、カワラヒワ、シメの姿もあった。

 陽もかなり西に傾きかけた頃、もう一度ツル観察センターに立ち寄るが、あまりの強風と寒さにすぐに退散。そんなこんなで初日は終了。

 今回は妻との二人旅である。彼女は野鳥、バードウォッチングには全く無関心の人で、私の趣味ばかりに付き合せてもいられない。私に残されたバードウォッチングタイムは二日目の早朝と夕方、それぞれ1時間程度である。
 
【2009/01/31 鹿児島県出水市 Canon 50D EF500mm F4L】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。