野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


身近な鳥 ・・・ スズメ
スズメ_上野不忍池 身近な野鳥の代表格、スズメ。昔話の「舌切り雀」も子供の頃に一度は聞いたことがあるはずだ。

 古くより短歌に俳句にとスズメの姿が季節と共に詠み込まれている。
 稲雀、雀の子、初雀・・・今の時期なら寒雀、冬雀、凍雀といったところだろう。
 
 仕事の都合で時々週末を東京で過ごすことがある。私は早起きが苦手で、東京で過ごす週末は、目を覚ますと昼近い時間になっていることが多い。そんな日は散歩気分のバードウォッチング

 上野公園に出かけた。前回触れたカモ類以外には、バン、オオバン、ユリカモメ、カラス、ドバト、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメと身近な鳥は一通り見られ、皆一様に人馴れしている。私が驚いたのは人の手からホバリングしながら餌をもらうヒヨドリたちだ。

スズメ_上野不忍池 そのヒヨドリたちの落とした餌に集まるスズメの中に白いスズメが1羽混ざっている。他のスズメに比べて少しだけ臆病にも見えた。

 白くては外敵にも狙われやすく、他にも不都合が多いであろうと想像する。長生きできないとも聞く。、このまま天寿を全う出来ることを願った。

 
【2009/02/07 東京都上野公園 Canon 30D EF100-400mm f4.5-5.6L】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。