野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不思議な干潟
谷津干潟 千葉県の谷津干潟へ出かけた。不思議な干潟である。

 四方を陸地に囲まれ、池や沼を思わせる。北側と東側にはマンションが立ち並び、干潟の上をJRの線路と自動車道が走る・・・海が見えない。

 陸地に囲まれているので、干潟を囲む周遊道がある。北側には観察用のぞき窓が数箇所、南側にはスコープ完備の観察センター(入場料300円)もあり、バードウォッチングの環境は整備されている。周遊道には似付かわしくない、「チカン注意」の看板も目に入る。。

谷津干潟 ハマシギ、オオソリハシシギ、ダイゼン、コチドリ、メダイチドリ、キョウジョシギ、オバシギ、キアシシギ等のシギ、チドリ類やカモ類ではヒドリガモ、ハシビロガモ、コガモも残っていた。他にはコオバシギ、ミツユビカモメの姿もあった。

 経済活動と環境保全、せめぎあう中で現在の姿となったのだろう。
 特殊な立地ゆえに、人の力無しでは成立しない不思議な干潟に渡り鳥の存在が、命を吹き込む。私は初めて訪れたが、とても興味を覚えた。

【2009/04/26 千葉県 谷津干潟 Canon 30D EF100-400mm f4.5-5.6L】


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。