野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



BIRDER 2008年3月号
 【「餌付け」について学ぼう!考えよう!】というコラムを読みました。

 僕のように野鳥を被写体として写真を楽しんでいる者にとっては「餌付け」というテーマはなかなかにデリケートで関心の高い問題です。故にBIRDERというメジャー(?)な雑誌で取り上げるのはかなり勇気がいるというか、落とし所の難しいテーマだけに興味をひかれました。

 僕もフィールドで餌付けをして写真を撮ってる場面に何度か遭遇した経験があります。写真を撮るためだろうが、庭先に鳥を呼ぶためだろうが、何の目的があるわけでもなく公園で擦り寄ってくる鳥たちにパン屑を与えている人たち(これは「餌付け」でなくただの「餌やり」ですね)も、たぶん餌付けが良いことだと考えている人は少ないでしょう。自然のものは自然のままが良いと考えている。だからそれぞれの立場で道理の通る言い訳が必要になる。しかし所詮ムリのある言い訳だから感情的になる・・・・いやいや、僕は勇気がないのでこれ以上は書けません。

 このテーマで数回に分けて書いてもらえるそうなので楽しみです。残念ながら第一回目は「ヒタキ類、ツグミ類の餌付けにはミルワームが効果的ですよ」とミルワームについて学んだだけの内容で少々物足りなく思えました。餌付けの善し悪しについてではなくタイトルの通りに「学ぼう、考えよう」という姿勢です。しかし僕のような興味本位の一般人としてはある意味で自然をご商売にしていらっしゃる方の「餌付け」に対する善し悪しについてのご意見も伺いたいものだと思います。そこにもう少し突っ込んで欲しかった、二回目以降が楽しみです。

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌