野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


富山県(3) ・・・ ホシガラス、カヤクグリ
ホシガラス_立山室堂平 ライチョウを見た後、室堂平でソフトクリームも食べ、地獄谷で真っ黒になったゆで卵も食べた。室堂ターミナルへと引き返す途中、ホシガラスに出合った。

 ホシガラスは突然、2,3m先の草むらに降り立ち、観光客に愛想を振りまく。人間を気にしないようで、1m程度まで近づいて写メを撮ろうとする人にも逃げることなく応えていた。
 カラスと名付けられてはいるが、平地にいるカラスよりずっと小さく愛嬌たっぷりで可愛らしい。

カヤクグリ_立山室堂平 よく見るとハイマツには赤い花と硬い実が付いている。ハイマツより少し高い木の枝ではカヤクグリがさえずる。

 カヤクグリ、高山帯の鳥では名前も姿も地味な部類であるが、日本固有種であるらしい・・・とても日本らしくて妙に納得してしまう。

 チリ、チリ、チリ・・・その澄んだ声は、雲上の大地に広がる青空に届くようだった。

(撮影日:2009/07/20 富山県立山室堂平 Canon 50D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。