野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



戸隠高原(3) ・・・ キバシリ、コガラ
キバシリ_戸隠高原 戸隠森林植物園、入り口すぐから「クマ出没、注意」の看板が目に付く。この場所に限らず、クマ注意の看板は山に入るとよく見かけるが、今までクマに遭遇したことは一度もない。看板は気にとめず、鏡池へと向かう。

 途中、何度かキバシリを見かけるが動きが早く、じっくりと観察をさせてもらえない。一度見失うとその地味な羽衣は樹皮に溶け込み、容易には見つけられない。

 鏡池へは私のたどったルートでは橋にトラブルがあったようで通行止めのロープがあり、たどり着けなかった。仕方なく引き返すことにする。

 森の少し開けた部分に出ると、コサメビタキの姿が目立つ。上面に白い部分を残した可愛らしい幼鳥が多い。

 コサメビタキに気をとられていると、右側のクマザサの中から音が・・・クマザサが大きく揺れている・・・姿は見えないが鳥でないことはすぐに解った。
コガラ_戸隠高原
 クマだ。中型犬をまるまると太らせたような体型の真黒な小熊である。ひょっとして近くには、親熊が・・・辺りを見回したが、親熊はいないようで少々安心。小熊は体型こそ愛らしいがその顔は精悍でやはり迫力がある。その後、小熊は木道の下を通り、クマザサの中に消えて行った。

 戸隠高原、看板に偽り無しである。

(撮影日:2009/08/13 長野県戸隠森林植物園 Canon 50D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真