野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コルリ
コルリ 職場の冷ややかな視線もなんのその、代休を駆使して9日間の夏休み・・・楽しい時間の過ぎるのは、早いものである。あっと言う間に休みも最終日。

 昼近くに起きて縁側で新聞を読んでいると、何やら枯葉を踏みつけるような小さな音が・・・カナヘビかなと思ったが、どうも違う。鳥だ・・・網戸越しで暗い植込みの中、鳥ということしか解らない。

 「蚊が入る」という家族の反対を無視し、正体をつかもうと網戸を開け縁側にカメラを据えた。とても用心深くなかなか植込みから出てこなかったが・・・コルリだ。

 名古屋駅にも程近い、こんな住宅地の小さな庭にコルリが来るとは・・・南への帰路、たまたま寄ったのだろうが、この偶然に興奮を覚えた。

 いつもであれば、「オスだったら良かったのに・・・」なんて思ったりするが、我家の縁側から眺めるコルリはオス、メス関係なくとっても幸せな気分になれた。

 父親が亡くなってから、粗略に扱ってきたこの庭だが、もう少し涼しくなったら手入れをしよう。

(撮影日:2009/08/16 自宅庭 Canon 50D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。