野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コオバシギ
コオバシギ_三重県鈴鹿川派川 コオバシギは以前に谷津干潟で赤褐色の美しい夏羽の個体を見たことがあった。繁殖時にカラフルな衣に着替える鳥は多いし、幼鳥と成長でも羽色が違う。

 我が家の愛犬、子犬の頃は純白でこの色がとても気に入っていた。しかし時間の経過とともに、少しずつ茶色の部分が広がり、成犬の今では全体の2割ほどが濃い茶色である。毛色と可愛らしさには関係がないが、少々残念・・・。

 この日に出会ったコオバシギ、まだ幼いようだ。オバシギと一緒に旅を続けているようで、オバシギの20羽程度の群れと行動している。来年、この場所に大人の羽色になって無事戻ってきてほしい・・・幼いこの鳥の旅の無事を願った。

(撮影日:2009/09/05 三重県鈴鹿川派川 Canon 50D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。