野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋深し ・・・ モズ
モズ_三重県鈴鹿市 秋の深まりを感じさせてくれるのは、かん高い鳥の声である。

 街に暮らしていると代表的なのは、ヒヨドリの声。ピーヨ、ピーヨと始まり、結構複雑に鳴くが、終始かん高い声で賑やかである。

 公園まで足を伸ばすと、モズの高鳴きが聞こえ、葉の少なくなった樹木の先端などに姿がある。
 モズは早贄(はやにえ)が有名だ。私は早贄を見るたびに自分の狩猟能力を誇示しているように見えるが、理由ははっきりしないらしい。公園の虫たちは、この高鳴きを恐怖をもって聞いているのだろうと想像する。

 早贄のせいか、小さいながらも残酷で狡猾なハンターのイメージが強いが、よく見ればカラフルで、時折、上下に尾を振る姿も愛想がある。

 毎年、モズの声が聞こえてくると夏の名残を残す秋から、冬の到来が近い秋へと街の空気が入れ替わるようである。

(撮影日:2009/10/08 三重県鈴鹿市 Canon 50D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。