野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



バッタ釣り ・・・ ノビタキ
  ノビタキ_岐阜県笠松市  ノビタキ_岐阜県笠松市

 子供の頃、カエルを餌にしてザリガニ釣りをした。しかしバッタは釣ったことが無かったし、釣るものとは思ってもなかった。

 旅の途中、平地の草原に立ち寄るノビタキを見ようと出かけた場所で、バッタを釣っているグループに出会った。

 草原で4、5羽のノビタキと一緒に秋の日を楽しんでいると、30人程度の親子連れが、それぞれ手に50cm程度の竹竿に太い糸をつけた道具を持って、草原に入ってきた。糸の先端には餌ならぬ、緑色で5-10cm程度の長方形の物体がくくってある。どうやらバッタに似せているらしい。

 自然と親しむイベントのようである。ターゲットのバッタの目の前で緑色の物体を見せると、オスであればメスと思い込み、飛びついて釣れるらしい・・・バッタは目がよく見えてないようだ。

 虫網で捕れば早かろうと思うが、天の高い穏やかな日に親子で楽しむには良い企画であると感心した・・・が、草原からノビタキの姿は消えてしまっていた。そんな訳で写真は翌日に同所で撮影したものである。

(撮影日:2009/10/11 岐阜県笠松市 Canon 50D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真