野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蓮の骨 ・・・ タカブシギ
タカブシギ_愛知県愛西市    野晒しや泥に帰らむ蓮の骨

 久しぶりに蓮田を訪ねた。
 前回訪れたのは夏の盛りで、みずみずしい黄色い花托にはピンクや白の重そうでこぼれそうな花弁がつき、所々にあるまだ固い蕾も目を楽しませてくれた。

 今の時期、蓮田は、枯れて色褪せた葉柄が折れた矢のように泥に突き刺さり、まるで合戦の後を想像させる。

 そんな中、泥と同じ色をした蜂の巣のような花托だけがポツンと一つ・・・陽を映した水田に無造作に転がっている。
 哀れを誘うような光景でもあったが同時に、種を落とし役目を終えた花托が泥に帰るやすらかさを感じた。

(撮影日:2009/10/24 愛知県愛西市 Canon 50D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。