野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春霖 ・・・ メジロ
メジロ_自宅庭   濡れそぼつメジロ縮みて春の雨

 帰省をしてもバードウォッチングに出かけることが多く、自宅で過ごす時間は少ないが、この週は土曜、日曜日と雨のおかげでゆっくりと庭を眺めて過ごした。降り続く春の雨を春霖というが、しっとりとした趣のある言葉である。

 この時期、庭を訪れる鳥達は今年も変わらぬ顔ぶれである。群がるスズメ達を蹴散らすように飛んで、ミカンをつつくヒヨドリ、ヒヨドリが去るまで根気強く待つメジロ、裸の柿木で囀るシジュウカラ、他にはキジバト、シロハラ、アオジ、ウグイスも姿を見せる。

 メジロが現われた。
 春霖に濡れた羽衣は輝きを失い、一回りほど小さく見えた。時々、恨めしそうに雨の落ちる空を見上げる。

(撮影日:2010/03/07 自宅庭 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:写真俳句 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。