野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


桜 ・・・ カルガモ
岐阜県松尾池_カルガモ 今年も桜の季節がやって来た。
 花の名所と呼ばれる場所でなくとも大変な人出で、日本人にとっては特別な花である。

 満開の時期の圧倒的なボリュームと美しさは言うに及ばず、雪のようにハラハラと散る美しさ、強風に舞う花吹雪、散った花びらの薄ピンクのじゅうたん・・・その魅力は短期間にうつろうその姿であろう。四季があり、うつろう季節とともにある民族は、永遠の美しさよりも、うつろうものに価値を見出す。
 日本人の写真好きの理由もこのあたりにあるのかもしれない。

 秋に訪れた時とは違って池にはカモの姿は少ない。オシドリは2羽が残っていたが、オナガガモやコガモは開花を待たずに旅立って行ったようである。
 薄ピンクの色を映す水面からカルガモたちが花を惜しむように眺めていた。

(撮影日:2010/04/10 岐阜県松尾池 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。