野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目白押し
メジロ


 紅の枝から枝へ小躍りするように動き回るメジロは小さな身体をいっぱいに使って春の到来を喜んでいるように見えます。

 「目白押し」の語源は「メジロが木にとまるとき、多く並んで押し合う性質のあるところから」(大辞林)だそうですが、僕は未だにその様子を実際に見たことがありません。ほんとにそんな性質があるのでしょうか?

 今週、仕事の都合でいつもよりも少し早い時間に出勤しました。いつもの路線なのですが30分早いだけで大変な混雑です。押し合い圧し合いの車内で吊革に摑まる人の腕が僕の頭にあたる、髪の毛に触る、上半身はおろかふくらはぎまで触れ合う。とても苦痛で不快な空間です。そんな時ふと反対方向へ走る下り列車が視界に入りました。空席が目立ち、こちらの混雑とはまるで別世界です。

 子供の頃から常にみんなと同じ方向を向いて生きてきた気がします。特に明確な目的もないのだけれど・・・多くの人が向いてる方向であれば大きな間違いがないような気がしていました。多くの人が向いている方向でなければ訳もなく不安になりました。だからいつも混雑する不快な空間に身をおいていたのでしょう。きっと自分自身の価値観をしっかりと持たないと、いつまでたっても満員電車からは降りられない。

 いつか空席の目立つ車内にゆったりと腰掛けながら、反対方向へ向かう満員電車を眺めたいものです。

【2008/03/23 岐阜県 養老町 Canon 30D EF500mm F4L】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。