野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イカル
イカル


 凄みのある目付きでこちらを見つめるイカル。「それ以上近づくな、もし近づけば逃げ出すよ(少し弱気も・・)」って感じです。10m弱、どうもこの距離がこのイカルにとっては許容範囲ギリギリということなのでしょう。

 人間同士の抽象的な距離、大人になると必要なものの一つです。家族にはじまり、先輩後輩、上司、部下、同僚、取引先等々、身の回りの立場の違う人たちとの付き合いが多くなります。自分自身で心地の良い距離感があるのですが、特に社会に出るとその距離をいつも保てるとは限りません。自分にとって不快な距離まで踏み込まれたら、このイカルのように誰彼かまわずにらみつけるなんて事はできません。

難しいもので近づきたい、距離を縮めたいと思う人や鳥とはなかなかお互いの距離感が一致しません。

【2008/03/23 岐阜県 養老町 Canon 30D EF500mm F4L】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。