野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



鳥の言葉
キセキレイ


 早起きが苦にならない年齢にはまだ間があります。布団から起き出すのに勇気のいる気候ではないのですが、まだ眠い目をこすりながら自然の近くに出かけていきます。自然の中にはこの季節にしか出会えない花があって、生き物がいて、匂いがあって、音があります。

 上流の滝から続く川の両岸はがちょうど満開です。川沿いに上流をめざし坂を上がっていったところで一休み。休憩にこの場所を選んだのは満開のを目前に出来るからです。眼下を流れる川ではペアでしょうか、キセキレイが二羽楽しそうに追いかけっこをしています。そのうちに一羽が僕の頭上の電線に止まり美しい声と節回しではなし始めました。「愛の告白ならば電線ではなくこの美しいの枝が効果的だよ」と語りかけると、その言葉を理解したかのようにの枝に場所をかえました。心を透明にし、思考も停止させキセキレイの言葉に聞き入るのですが理解できません。残念です。

 人間は長く自然と距離をおいた生活のせいで、もう鳥の言葉をかつてのように理解することが出来なくなってしまいました。鳥の言葉を「鳴く」と表現することはとても残念です。

【2008/04/05 岐阜県 養老町 Canon 30D EF500mm F4L】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真