野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北海道(5) ・・・ ツメナガセキレイ、オオジシギ、ホオアカ
ツメナガセキレイ_サロベツ原生花園 3日目早朝は下サロベツ原野の北、サロベツ原生花園へ。

 5時過ぎに到着するが、既に多くのバードウォッチャーが観察中である。
 オオジシギが何度もディスプレーフライトを披露し、看板の上で一休み。曇り空には、チュウヒやトビが舞い、黄色い花を咲かせたエゾカンゾウにはツメナガセキレイが止まっている。ホオアカも小さな身体で、原野に響けとばかりに天に向かってさえずる。

 シマアオジの澄んだ声が遠くで聞こえるが双眼鏡では点にしか見えない。スコープを覗かせてもらうと黒い頭と黄色いお腹がはっきり見えた。

 シマアオジの声はなかなか近づいてこないが、宿の朝食の時間はどんどんと近づいてくる。一旦、食事とチェックアウトに宿へ戻った。もう一度、立ち寄ってみると果たしてシマアオジは私の留守中に近くまで来たとのこと・・・こんなこともある。

 気を取り直して、ベニヤ原生花園へと向かった。

(撮影日:2010/07/04 北海道サロベツ原生花園 Canon 7D EF500mm F4L)

   オオジシギ_サロベツ原生花園   ホオアカ_サロベツ原生花園
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。