野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



本能の行為 ・・・ カワガラス
カワガラス


 滝川沿いを歩くと景色、色、匂いともに一週間前とは様子が大きく違います。人のそれぞれの思いが重くのしかかった桜花が散り、偽りの春も終わりです。山全体が活力に溢れ、本物の春が土埃の混ざった新緑色の空気をまといながらやって来ます。そんな空気の中、1羽のカワガラスが堰の中から水のカーテンを突き破り飛び出してきました。

 上流に飛んで行っては虫をくわえて戻り、堰の中へ消える。これを忙しそうに繰り返しています。どうやら堰の中で子育てをしているようです。一昨日、昨日と降った雨で水量が増し堰の中の様子は全く解りません。しかし水量が減ったら見えてしまうのではないかと心配です。

 子孫を残そうとするまさに本能の行為は、お相手探しのアピールに始まり競争に勝ってカップルとなり、交尾、子育て、そしてめでたく巣立ちをさせて完結するのでしょう。水かきもないのに流れに逆らって泳ぎ、潜って一生懸命に餌を捕り運ぶ姿を見ると本人は食べているのか? これまた心配になります。

 同じ大地に住みながら、相手へのアピールと交尾ばかりで、子育てをしない種族もいるようです。

【2008/04/12 岐阜県 養老町 Canon 30D EF500mm F4L】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真