野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当たり年 ・・・ キリアイ
キリアイ_三重県松阪市 当たり年・・・手元の辞書には、①ある農作物や果物などの収穫の多い年 ②物事が順調にいき、幸運に恵まれた年、とある。

 個人的には順調で幸運に恵まれた年とは言えないが、私のフィールドではこの秋、シギチは当たり年のようである。田圃、池、海岸と水辺にはシギチが種類も数も多く感じられる。

 キリアイが池の泥地に嘴をしきりに差し込んでいる。その先端付近だけが下に曲がった特徴のある嘴には、どんな意味があるのか?

 この日もキリアイをはじめサルハマシギ、ハマシギ、オグロシギ、オオソリハシシギ、アオアシシギ、ツルシギ、アカアシシギ、エリマキシギ、ヒバリシギ、セイタカシギなどが水辺で羽を休めていた。

(撮影日:2010/09/12 三重県松阪市 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。