野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


便乗バードウォッチング(2) ・・・ オオヒシクイ、オオハクチョウ
   オオヒシクイ_ウトナイ湖   オオハクチョウ_ウトナイ湖 

 カササギの出迎えを受けたウトナイ湖。
 道の駅を抜け湖畔へと向かう。湖畔には数羽のオオハクチョウとオナガガモが多数、観光客から餌を貰っている。渡りの途中かそれとも留まっていた個体かは不明であるが、非常によく慣れている。

 湖全体に目を向けると水鳥は少ない。時期が早いのか時間のせいか?
 湖面中央をオオヒシクイが飛んでいるのが見える(写真左)。カモも対面付近にいるが、私の双眼鏡では種類までは判別出来ない。

 上空には新千歳空港を離着陸する飛行機がひっきりなしに大きな音を伴いながら通過する。鳥たちは慣れているのか気にする様子も無いが景色と音の不調和に違和感を覚えずにはいられない。

 それでも陽が傾き始めると対面の芦原は金色に輝きだし、青空を映す湖面が美しい。是非雪のシーズンに訪れてみたい。

(撮影日:2010/10/01 苫小牧市ウトナイ湖 Canon 7D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。