野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


便乗バードウォッチング(3) ・・・ マガン
 北海道2日目は宿泊先の札幌から2時間強、タカの渡りを見ようと室蘭へ向かった。
 地球岬は高さ100m前後の断崖が続く観光名所だが、早朝のせいか観光客もいない。近くの測量山展望台へ行ってみる。地元の方の話ではハチクマは2週間程前がピークだったようで、この日は多数のノスリとオオタカ少々、チゴハヤブサが数羽、気持ちのいい風に乗って消えていった。

   マガン_美唄市宮島沼   マガン_美唄市宮島沼

 午後は日本最大のマガンの寄留地、宮島沼へ。沼が近くなるとあちらこちらにマガンの姿が見える。
 ねぐら入りは数万羽ともいわれるマガンが30分程度の間に次から次に四方八方から池へと戻ってくる。壮大なスケールの景色は時間を忘れさせ、まるで異空間に迷い込んだような錯覚に落ちる。

 圧倒的なショータイムが終わり我に返ると昼間の暖かさが噓のような冷たい空気に包まれていた。

(撮影日:2010/10/02 美唄市宮島沼 Canon 7D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。