野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



オジロトウネン
オジロトウネン モノトーンの蓮田では役目を終えた葉が秋を惜しむようだ。

 この日もタシギ、コチドリ、オオハシシギなどこの時期定番の顔ぶれ。オジロトウネンは先週より数が増えたようだ。鳥達は皆、泥に嘴を入れている。水際の泥に育まれる生き物の如何に多いことか、バードウォッチングを始めて知ったことのひとつである。

 大阪市の河川事務所の多くの職員が長年にわたり、船で川底の清掃作業中に拾い上げたごみの中から現金を抜き取り、私物化していたという。大阪市は引き続き調査を進めるというが、立派な犯罪であり(遺失物横領罪)厳正に対処してもらいたいものだ。

 水際を糧にしているのは人間も一緒であるがとんでもない方法もあったものである。

(撮影日:2010/10/24 愛知県愛西市 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真