野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



swan ・・・ コハクチョウ
コハクチョウ 次から次へと飛び立つコハクチョウ。
 長い首を上下させながらの鳴き交わし、次第にシンクロしていく動き、一糸乱れぬ羽ばたきは美しい。

 そのダイナミックな動きに目を奪われるが、静なる姿もまた趣がある。

 「swan」・・・白鳥という意味のほかに高貴、美、などのイメージからか「優雅な人」という意味もある。
 あまりいい意味では使われないようだが、「ぶらぶらとあてもなく歩き回る」とか、「気ままに出かける」という意味があるのもおもしろい。水面を漂う姿も見方によっていろいろである。

 「swan song」・・・白鳥は死の間際に美しい歌を歌うという、転じて詩人や作曲家などの最後の作品の意。

 高岡市の動物園で鳥インフルエンザに感染して死んだコブハクチョウ、強毒タイプのH5亜型ウイルスが原因だそうだ。強毒タイプでは swan song も歌えなかっただろう。

(撮影日:2010/12/12 滋賀県湖北町 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真