野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


足跡 ・・・ オオハクチョウ
   富山県氷見市_オオハクチョウ   富山県氷見市_オオハクチョウ
   (撮影日:2010/12/28 富山県氷見市 Canon 7D EF100-400mm f4.5-5.6L)

 昨年末はギリギリまで雪降る北陸へ出張、氷見市の十二町潟で早朝の1時間程度のバードウォッチングとなった。
 公園は除雪がされておらず、またこんな日に歩く人もないようで雪景色の中、どこが歩道なのかもわからない。

 まだ足跡一つ無い真っ白な雪の上を歩くのは気持ちのいいものだが、想像以上に歩き辛く汗ばむほどだ。しかし準備していった長靴では役不足のようで膝近くまで積もった雪の侵入を防げず、足だけは凍りそうに冷たい。

 オオハクチョウの声が響く潟湖ではヒシクイ、カモたちも休んでいる。
 こちらの雪上は既に水鳥たちの足跡でいっぱいであるが、彼らも雪の上は歩き辛そうである。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。