野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メダイチドリ
メダイチドリ


 陽射しも少しずつだけれど力強くなってきて潮の香りを乗せた風も弱い、こんな日の干潟の堤防はとても気持ちがいいです。この干潟にもそろそろ渡り途中のシギなんかが・・・と期待して立ち寄りました。残念ながらまだ種類は少なく、この干潟が賑やかになるのはこれからでしょう。

 潮が引くと姿を現す干潟、同時に多くの違法に投棄されたゴミなんかも相変わらず多く姿を現します。いい写真が取れたと思って確認するとペットボトルが写っているなんてこともよくあります。多くのマナーを呼びかける看板も潮風でペンキの色があせて見えます。

 環境問題がクローズアップされています。マナーを遵守し、違法投棄が無くなれば少なくとも景観は保たれるでしょう。しかし最終的にはゴミは埋め立てられる。もちろん人体に悪影響がないように配慮、処理されて埋め立てられるのでしょうが・・・結局、ゴミは形を変えて埋められるだけなのではないでしょうか。

 出来るだけゴミを出さないような生活を心がける事の大切さをちょっとだけ感じました。

 干潟では水浴びをしたばかりのメダイチドリが羽を乾かすためにジャンプをしています。そんなドタバタも気にせずハマシギは餌を探すのに忙しそうです。この場所でこの同じ風景をいつまで見ることが出来るのでしょうか。

【2008/04/20 三重県 Canon 30D EF500mm F4L 1/6400 F4.0】

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。