野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オジロビタキ
オジロビタキ_千葉県 「ほらオジロビタキ、あそこに止まってる。白い腹が見えてるよ。」
 「えっ、どこ? どこ?」
 「あの木と木の間、いい所に止まってるよ。」
 「えっ、どこ?」
 「左、左」

 フィールドで良くある事だが、言葉で鳥のいる位置を伝えることはとても難しい。お互いに見てる位置が違うので座標軸も決まらず、三次元の1点を言葉を介して共有するのは至難の技である。

 関東ではいつもお世話になるMさん、鳥を見つけるのがとても上手。まるで片方の目が超広角レンズ、もう片方の目が超望遠レンズのようだ。フィールドでの経験値や目や耳が良いことはもちろんだが、理屈では説明のできない五感を超えた感覚の持ち主である。

 この日も私に見えない鳥を逸早く見つけてくれた。

(撮影日:2011/04/01 千葉県 Canon 7D EF100-400mm f4.5-5.6L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。