野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大・中・小 ・・・ チュウシャクシギ
チュウシャクシギ


ダイシャクシギ・チュウシャクシギ・シャクシギ」であってショウシャクシギではないです。
ダイサギ・チュウサギ・サギ」であってショウサギではないです。
どうでもよいことなのですが「音・音・訓」で、なんだか釈然としません。

オオルリ・ルリ
オオハクチョウ・ハクチョウ
オオヨシキリ・ヨシキリ
この流れは納得できます。

 こんな事を考えながら干潟を眺めていると、新婚旅行でハワイを訪れた時のことを思い出しました。
 滞在先のオアフ島では日本語で不自由がなかったのですが、マウイ島観光に出かけた時にそこでは日本語がほとんど通用しませんでした。しかしソフトクリームを買う時に現地のお店の方にサイズを「ダイ? チュウ? ショウ?」と尋ねられて驚いた経験です。

 チュウシャクシギが自慢の大きくて形の良い羽を持ち上げ、離陸しようとしています。

【2008/05/18 三重県 鈴鹿川 Canon 30D EF500mm F4L 1/4000 F5.6】

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。