野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


霊峰 ・・・ コハクチョウ
  コハクチョウ_滋賀県湖北町  コハクチョウ_滋賀県湖北町

 かくとだに えやは伊吹の さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを (藤原実方朝臣)

 学生時代に冬休みの宿題で覚えさせられた百人一首。一昨日の夕食のメニューも思い出せないこの頃であるが、若い頃の記憶は不思議と染み付いている。
 夏のイメージが強い伊吹山であるが、冬姿も凛々しく格別である。

 年が明けコハクチョウを見たくなって琵琶湖へ出かけた。
 雪をいただく伊吹山の麓の池は結氷し、コハクチョウたちは動き出しが遅い。とうにねぐらを飛び立っても良い時間だが、滑走路となる水面が氷に覆われ戸惑い気味である。少しだけ解け始めた水面から強引に飛び立とうとするもの、小さな水面をめがけて着水を試みるも氷の上に降り立ってしまうものと、銀盤の上でいつもと違う表情を見せてくれた。

 冬の陽射しがゆっくりと氷を解かし昼近くには次々とねぐらを後にする。その真っ白な姿は、霊峰伊吹山に向かい、やがて吸い込まれていくように見えた。

(撮影日:2013/01/05 滋賀県湖北町 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。