野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「野鳥を友に」 高野伸二
 高野伸二氏が新聞や雑誌に発表した文章を没後にまとめて1985年に出版され、4年後の1989年に文庫になったものが僕の手元にある「野鳥を友に」のようです。つまり20年以上前に書かれた文章ということです。

 「野鳥への誘い」
 「野鳥を見る」
 「鳥と花と名前と・・・・・・」
 「クモと鳥」

 四章の構成です。メインの「野鳥を見る」は、身近な鳥を中心に70種以上を紹介しています。随筆集というよりは、図鑑の解説文が話言葉になり、当時のエピソードを付け加えているといったところです。20年以上前に書かれたとはいえ特に違和感もなく読めました。

 「野鳥への誘い」、「鳥と花と名前と・・・・・・」の章は面白いです。
野鳥への誘い」では野鳥撮影者の「けしからん行動」について例を挙げて書かれてますが、自身も野鳥撮影をされていたようです。ミヤコドリを「なんとか近くで観察し写真も撮りたいとやっきになった」そして「干潟を腹ばいになって近づいたり、ある時は腰まで水につかって三時間も待ったりした」といった件もあります。

 この他にも、図鑑の絵を描くという仕事の大変さについても書かれています。「足の色」や「目の色」に特に注意を払って苦労された話などは、「フィールドガイド日本の野鳥」を愛用している僕には、特に興味深く読めました。

 どう捉えれば良いのか解りませんが、20年以上前のバードウォッチング事情もあまり今と変わらないようです。もし手にする機会があれば読んでみて損はないと思います。

野鳥を友に」 高野伸二 朝日新聞社

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。