野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カワラヒワ
カワラヒワ_三重県 カワラヒワは黄色の帯が鮮やかな美しい羽衣を纏いながらもどうも人気がない。強面に見える顔が災いしているのか、それとも身近過ぎるが故か。

 「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」
 なぜか一茶の句が思い出された。身近な生き物に向けられた素直な愛情とやさしさを感じる。

 こんな気持ちで自然に向き合いたいと思う。
 いつもはゆっくりと見ることの無いカワラヒワ、よく見ると地味な顔つきも味わい深く見えてくる。

 (撮影日:2013/10/13 三重県 Canon 7D EF500mm F4L)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。