野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野辺山高原 ~ノビタキ
ノビタキ 「癒し」という言葉をもう何年も前からよく耳にするようになりました。僕はどうも「癒しグッズ」とか「癒しルーム」とか商売の匂いが強過ぎてあまり関心がありませんでしたし、大体「癒し」そのものが良く理解できていません。

 仕事の都合などで2週間とか3週間バードウォッチングに行けないとどうも調子が悪い。「身体」の調子ではなく「心」の調子が良くないのです。

 月曜から金曜まで時間が瞬く間に流れる都会で働いていると、どうも心がささくれ立っていくようです。あまり他人に優しくなれなくなっていく気がします。

 最近気が付いたのですが、僕はウィークデーにささくれ立った心を週末のバードウォッチングで、週末に自然の中に少しでも身をおく事で癒されているようです。

 「癒し」は辞書で調べると「治癒」の意味があります。ささくれ立った心を知らず知らずのうちに森や干潟で回復させてもらっていたのでしょう。森林浴は科学的に根拠もあるようですし僕の場合は大好きな野鳥を見ることでより大きな効果となるのでしょう。

ノビタキ 今回、ささくれ立った心に潤い与えてくれたのはノビタキです。野辺山高原ではいたる所でそのかわいらしい姿を見ることが出来ました。潅木の上で、草原に点在する石の上で、時には電線の上で出迎え、見送ってくれました。



【2008/06/07 長野県 野辺山高原 Canon 30D EF500mm F4L 】


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。